pagetop

本 国防長官はなぜ死んだのか フォレスタル怪死と戦後体制の大虚構

ほしい!に追加 twitter
本-国防長官はなぜ死んだのか フォレスタル怪死と戦後体制の大虚構
著者: コーネル・シンプソン (著)
佐々木槙 (訳)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 成甲書房
シリーズ名 発掘!アメリカの嘘
発行年月 2005年 12月
ISBNコード 9784880861906
版型 --
ページ数 317P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

コーネル・シンプソン OFF
佐々木槙 OFF

内容紹介

1949年5月22日、ジェームス・フォレスタル初代国防長官がベセスダ海軍病院の十六階の窓から落ちて死亡した。
彼の死は「自殺」と発表された。
1957年5月2日、ジョセフ・R.マッカーシー上院議員がベセスダ海軍病院に短期間入院したあとで、通常は死に至らない病気により死亡した。
1963年11月22日、ダラスを車列でパレードしていたケネディ大統領はリー・ハーヴェイ・オズワルドに銃撃され死亡した。
フォレスタル、マッカーシー、ケネディの生涯と突然の死には、数多くの偶然の一致と皮肉がある。
ケネディの政治的また思想的な信条はフォレスタルやマッカーシーとは大きく異なっていたが、最後にして最大の皮肉は、三人の死がすべて同じ「邪悪な勢力」によって引き起こされたものであると証拠が指し示していることである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 自殺か、他殺か(捕らわれの身だった長官の死/本当は何が起こったのか/隠蔽工作)/第2部 フォレスタルを殺したのは誰か、そしてその理由は?(死によって利益を得たのは誰か/死によって最大の利益を得たのは誰か/同じ手口で殺人を犯すのは誰か/彼らはフォレスタルに何をしたのか)

著者情報

コーネル・シンプソン
米国人ジャーナリスト

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ