pagetop

本 女剣一代 聞書き「女剣劇役者・中野弘子」伝

ほしい!に追加 twitter
本-女剣一代 聞書き「女剣劇役者・中野弘子」伝
著者: 伊井一郎 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新宿書房
発行年月 2003年 06月
ISBNコード 9784880082882
版型 --
ページ数 434P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊井一郎 OFF

内容紹介

未だ語られることがなかった、「女剣劇」最後の伝説。
「ああそれなのに」の美ち奴も、お嬢こと美空ひばりも惚れた!男装の女剣士中野弘子伝。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

道玄坂雪のだんまり、立回り開眼、あっ、お洩らし御免/テキヤの義兄弟、そして母二人、かどわかされ手篭めにされ/雨だれの、養子と養女と、旅の草鞋の物語/火あぶりの、あとに真白き骨拾い/舞妓の衣裳ゆらぎ、男装の麗人は初恋とは言わねど/青い風車、女の身でアラレもなく高きところへ/女役者たちの開かずの間、閉ざされた扉の向こう/師匠と弟子の面映ゆさ、田中介二とハムエッグ/ブンガワン・ソロ、中野弘子、二十歳の別れ/ありゃこりゃせ、美ち奴さん、どちら行く/美ち奴と大空襲、戦火をくぐりて生死をともに/中野弘子になりすまし、ニセモノはつらいよ/老いてなお見果てぬ夢とかぶく道、中村歌扇襲名噺/瞼の長谷川伸、その白い手と豆しぼりの手拭い/バカヤロー!できてないのに、なんで幕あけるんだ/星降るよう輝きて、美空ひばり、お嬢が歌う/寛美はん、ほんま、訳者が揃うておましたな―大喜利「曽我廼家と義士廼家」

著者情報

伊井 一郎
1948年生。上智大学独哲科卒業。神田北乗物町や四谷荒木町に友と編集事務所をもち、フリーのライターとして陽の当たらぬ異端のエロスを、そのしたたかさと秘められたときめきに惹かれ、ことさらに追いかける。戦後風俗ライターの草分けにして、エノケン文芸部の最後の生き残り、吉村平吉氏に邂逅してからは、その飄々自適ダンディズムに惚れ私淑する。以来大衆芸能への関心は深まり、『女剣一代―聞書き「女剣劇役者・中野弘子」伝』の端緒も、吉村氏のプロデュース公演がきっかけとなる。見世物学会会員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ