pagetop

本 臨床医のための肝生検診断

ほしい!に追加 twitter
本-臨床医のための肝生検診断
著者: 渡邊明治 (編著)
定価 ¥5,400(税込)
BOOKFANポイント: 250 pt
or
Tポイント: 150 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新興医学出版社
発行年月
2000年 06月
ISBNコード
9784880022802
版型
--
ページ数
91P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

渡邊明治 OFF

内容紹介

大部分の肝疾患の診断は、肝機能検査、肝炎ウイルスマーカー肝画像検査により可能となってきた。
それにともない、これまでのように腹腔鏡下に肝生検して診断するという頻度は減少してきたといわなければならない。
しかし、慢性肝炎に対するIFN治療には投与開始前の肝組織診断が望ましいとされ、より侵襲の少ない超音波誘導下の肝生検がよく行われるようになってきた。
したがって、その目的も、肝疾患の診断または鑑別診断にとどまらず、病期、病態、進行性の判定、あるいは治療の適応や治療効果の判定法としての意義も考えられるようになってきた。
また、今日のように肝画像診断の高性能化と普及によっても、悪性リンパ腫やサルコイドーシスなどのように肝生検によって初めて診断が可能となる場合があり、以前と同様に確定診断法としての意義はいささかも失われていない。
そこで、本書では、各種の肝疾患の概念、診断基準や治療法の最近の進歩を要約し、その診断に肝生検がどのように役立ち、疾病の診療にどのように生かせるのか、肝生検を行うにあたってどのような注意が必要なのか、生検診断のポイントと鑑別診断などについて述べている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

総論「臨床医のための肝生検診断」/急性ウイルス肝炎/劇症肝炎/慢性肝炎/自己免疫性肝炎/代謝性肝疾患/薬剤性肝障害/アルコール性肝障害/脂肪肝/肝硬変〔ほか〕

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


看護師国試必修問題完全予想550問 2018

看護師国家試験対策プロジェクト(編集)


QUESTION BANK総合内科専門医試験予想問題集 vol.2

医療情報科学研究所(編集)


ランキング一覧へ