pagetop

本 古代墳墓象徴試論

ほしい!に追加 twitter
本-古代墳墓象徴試論
著者: J.J.バハオーフェン (著)
平田公夫 (訳)
吉原達也 (訳)
定価 ¥9,180(税込)
BOOKFANポイント: 425 pt
or
Tポイント: 255 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 作品社
発行年月 2004年 02月
ISBNコード 9784878936289
版型 --
ページ数 669P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

J.J.バハオーフェン OFF
平田公夫 OFF
吉原達也 OFF

内容紹介

『母権制』の著者は「象徴解釈学」の創始者でもあった。
生と死が交錯する根源的な場から発せられる秘めやかな象徴言語を、雄大な構想力と膨大な学識を駆使して解読した知られざる大著。
本邦初訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 三つの密儀卵―ある墓絵・図版三(図版三の墓絵に関する説明。卵とその二色。古遺物と文献に見られる同様の事例。その意味。バッコス秘儀における二色の卵と冠/墓碑におけるバッコス入信儀式のしるしとしての卵。個々の石碑の考察、とくにミュンヒェンの未公刊大理石断片、カールスルーエ美術館の墓燭台、ヴルチの香油壷の考察/サンタ・キアラ教会の石棺の考察。プロテシラオスとラオダメイアの神話における卵の意味 ほか)/第2部 縄ない人オクノス―ある墓絵・図版一、二(遺物と史料の一覧/編むことと織ること、及び撚り糸と縄の意味/古代自然宗教における湿地植物の意味。自生的成長とその神聖性 ほか)/付論 『カンパーナ美術館目録』に描かれた若干の墓壷。デルポイのオンパロスについて。イピゲネイアの犠牲と関連する卵

著者情報

吉原 達也
1951年生。広島大学教授。西洋法制史・ローマ法
平田 公夫
1948年生。岡山大学教授。西洋法制史
J.J.バハオーフェン
1815‐87。スイスの法学者、古代学者。サヴィニーを師と仰ぐ歴史法学派の一人。主著『母権制』(1861年)で展開された独創的な人類史の構想は、マルクス主義から深層心理学、神話学、宗教学、フェミニズムにまで影響を与える

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ