pagetop

本 哲学者の休日

ほしい!に追加 twitter
本-哲学者の休日
著者: 長谷川宏 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 作品社
発行年月 2001年 01月
ISBNコード 9784878933813
版型 --
ページ数 243P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

長谷川宏 OFF

内容紹介

遊びとしての哲学、哲学としての日常。
在野の哲学者として知られる著者が、自ら主宰する学習塾での子どもたちとのふれあい、ことば、本について、のびやかな文体で綴ったやさしさあふれる珠玉のエッセイ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 思索の散歩道/2 赤門塾をめぐって(学びとの出合い―赤門塾日記・一九九四年/子どもをまるごと肯定する)/3 ことばとの対話(ことばの雑記帖/心の書 ほか)/4 哲学者の本棚(田中克彦『ことばと国家』/市村弘正『「名づけ」の精神史』 ほか)

著者情報

長谷川 宏
1940年、島根県平田市に生まれる。東京大学文学部哲学科博士課程修了。1970年、大学の研究室を離れ、埼玉県所沢市に赤門塾を開く。以後、塾で小・中学生に勉強を教えながら、哲学研究に従事している。主な著書に『ヘーゲルを読む』『同時代人サルトル』(ともに河出書房新社)、『ヘーゲルの歴史意識』(講談社学術文庫)、『ことばへの道』(勁草書房)など哲学関係の著作のほか、『赤門塾通信きのふ・けふ・あす』(現代書館)、『おとなと子どもの知的空間づくり―赤門塾の20年』(明治図書出版)、『しあわせのヒント』(共著、河出書房新社)などがある。主な訳書にヘーゲル『哲学史講義』(河出書房新社)、『歴史哲学講義』(岩波文庫)、ハーバマス『イデオロギーとしての科学と技術』(平凡社ライブラリー)などがある

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング