pagetop

本 ベッドサイドからケアの質を問う 看護婦が患者になって 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-ベッドサイドからケアの質を問う 看護婦が患者になって 新装版
著者: 吉田恵子 (著)
川島みどり (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 看護の科学社
シリーズ名 看護婦が患者になって
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784878040283
版型 --
ページ数 90P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田恵子 OFF
川島みどり OFF

内容紹介

1988年、多発性骨髄腫と診断され入院。
その後、入退院を繰り返し、1995年3月7日逝去。
享年51歳。
本書は1994年の夏、川島みどり氏の元に届いた一通の手紙から、月刊「看護実践の科学」(1995年1~12月号)に、川島氏に寄せられた10数通の吉田氏の手紙やメモをもとに連載したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 「生活の場」としての病室/2 情報収集の意味/3 患者からみた病院生活学/4 看護婦は病人の鏡に/5 遺言となった言葉/6 看護婦の言葉―だから看護はむつかしい/7 生活行動援助の意味と責任/8 車椅子と包帯/9 付き添い問題とすてきな看護婦/10 患者に学ぶ…

著者情報

吉田 恵子
1944年兵庫県にて生まれる。1967年看護学校卒業後、N大学病院に勤務。その間、臨床指導者として9年、看護学校の専任教員6年を経て婦長となって3年目、1988年、多発性骨髄腫と診断され入院。1995年3月7日逝去
川島 みどり
1931年、京城(現・ソウル)にて生まれる。1951年、日本赤十字女子専門学校卒業。日本赤十字病院小児病棟勤務、日本赤十字女子専門学校専任教員、日本赤十字女子短期大学助手、日本赤十字病院耳鼻科外来係長を経て、1971年退職。現在、日本赤十字看護大学教授、健和会臨床看護学研究所所長。東京看護学セミナー結成(1965年)より現在まで世話人代表。日本看護研究学会評議員、日本生命倫理学会評議員、日本看護管理学会理事、日本コンチネンス協会理事。1995年、第15回日本看護科学学会会長。1971年、毎日新聞社第1回「日本の選択賞」(共同研究)受賞。1995年、第4回若月賞受賞。2007年、第41回ナイチンゲール記章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ