pagetop

本 内発的民主主義への一考察 フィリピンの農地改革における政府、NGO、住民組織

ほしい!に追加 twitter
本-内発的民主主義への一考察 フィリピンの農地改革における政府、NGO、住民組織
著者: 堀芳枝 (著)
定価 ¥5,832(税込)
BOOKFANポイント: 270 pt
or
Tポイント: 162 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
国際書院
シリーズ名
21世紀国際政治学術叢書 4
発行年月
2005年 04月
ISBNコード
9784877911416
版型
--
ページ数
225P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

堀芳枝 OFF

内容紹介

ラグナ州マバト村の住民組織・NGOが連携を取りつつ、地主の圧力に抗し政府に農地改革の実現を迫る過程を通して、伝統の再創造・住民の意識変革などによる「内発的民主主義」の現実的発展の可能性を探る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 フィリピンの農地改革と民主主義/第1章 包括的農地改革をめぐる政府とNGO―対立と協調/第2章 農地改革における三者協力とパキサマ―参加民主主義型NGOの例として/第3章 マバト村における地域と伝統の再創造/第4章 マバト村の農地改革におけるNGO、政府とキー・パースン/第5章 内発的な民主主義の可能性

著者情報

堀 芳枝
1968年埼玉県生まれ。1998年上智大学外国語学研究科国際関係論専攻博士後期課程単位取得修了、同年より日本学術振興会特別研究員を経て、2001年より恵泉女学園大学国際社会文科学科専任講師。2005年より同大学助教授。2003年上智大学から博士学位(国際関係論)取得

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


第1種電気工事士筆記試験すい~っと合格 ぜんぶ絵で見て覚える 2017年版

安永頼弘(共著)


民法がわかった

田中嗣久(著)


ランキング一覧へ