pagetop

本 もう一度、投げたかった 炎のストッパー津田恒美最後の闘い

ほしい!に追加 twitter
本-もう一度、投げたかった 炎のストッパー津田恒美最後の闘い
著者: 山登義明 (著)
大古滋久 (著)
定価 ¥575(税込)
BOOKFANポイント: 26 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
幻冬舎
シリーズ名
幻冬舎文庫
発行年月
1999年 06月
ISBNコード
9784877287436
版型
--
ページ数
242P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山登義明 OFF
大古滋久 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2016/07/20

炎のストッパー

この本は当時NHKスペシャルで放映され、全国的に感動を巻き起こした、闘病の記録と彼を支えた家族の記録だ。
津田恒美といえば、ある世代のプロ野球ファンには強烈な印象を残した広島の名ストッパー。彼が出てきたら他球団は負けを覚悟した。唸るような剛速球、捕手の手前で勢いを増してホップする球筋はテレビ画面からでもわかった。

そして、ふてぶてしい顔つき。気持ちを前面に出す。対巨人戦で一塁ベースカバーに入ったときに、走者の駒田の頭をグラブで殴ったことがある。どう考えても津田が悪いのだが、誤りもせず乱闘寸前になった。ほんと、憎たらしい奴だった。

オールスターゲームでは全球ストレートでパリーグの強打者を三者三振をとった。このときはセ・リーグを応援したので、津田の力投に喝采を送った。

ペナント終盤の天王山で、津田の直球を強振した原辰徳の左手小指を粉砕骨折させたことは有名だ。原はそのシーズンを棒に振り、巨人は3厘差で優勝できなかった(優勝は広島)
とにかく津田は巨人にとっては憎たらしかった。他球団もそうだったろう。
しかし、いつも強気で傲岸不遜に見えた津田が、自分自身に言い聞かせていた言葉。それは『弱気は最大の敵』だった。
かつてたった一度の失投で試合に負けた。自分の球に自信が持てず、弱気になったせいで威力がなかった。この経験がが炎のストッパーと呼ばれた彼の投球の淵源となった。それ以来彼は投球の前に必ずこの言葉を心の中で反復した。
脳腫瘍で倒れたときも、彼はこの言葉を胸に復活を期す。闘病は辛かった。弱気になるときもあった。そんなときも彼はマウンド同様、この言葉で自らを奮い立たした。もう一度マウンドに立つために。

しかし病は深刻だった・・・
彼が病に倒れ亡くなった時は広島ファンだけではなく、他球団のファンも悲しんだ。

広島の独走で津田を思い出しただけだったが、奇しくも今日、7月20日は津田の命日だった。

たぶん死ぬまで忘れられないピッチャーだ。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

忍物語

西尾維新(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


ランキング一覧へ