pagetop

本 ドストエフスキーとポストモダン 現代における文学の可能性をめぐって

ほしい!に追加 twitter
本-ドストエフスキーとポストモダン 現代における文学の可能性をめぐって
著者: 福井勝也 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 のべる出版企画
発行年月 2001年 01月
ISBNコード 9784877031480
版型 --
ページ数 201P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

福井勝也 OFF

内容紹介

時代のニヒリズムが蔓延する情況で、無思想な言説だけが流布されている。
著者のドストエフスキーに込めた熱情は、この無為を撃ちたいという本質的な欲求に根ざしている。
ドストエフスキーを、十九世紀のロシアを代表する「世界的な大文豪」という狭隘な理解では、いまの思想情況は撃てない。
革命と神、犯罪と悪、生と死、父と子、男と女、加虐と被虐…。
あらゆる現在的な課題が彼の作品の中に網羅されている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

論考(現代における魂の救済―ドストエフスキーのイエス・キリスト像/現代における「父親像」と「父親殺し」―ドストエフスキーと中上健次/無意識的なもの―ドストエフスキーとユング)/傍聴記・覚え書(国際研究集会記念講演会を傍聴して―ドストエーフスキイの会主催/小森陽一“『カラマーゾフの兄弟』を読みなおす”を聴いて/桶谷秀昭・『ドストエフスキーについての二・三の感想』について/「雑感」―ドストエーフスキイの会発足20年にあたって ほか)/書評・エッセイほか(『てんかんの人間学』木村敏編/『ドストエフスキイ』井桁貞義著/『悪の哲学ノート』中村雄二郎著/『紀州 木の国・根の国物語』中上健次著 ほか)

著者情報

福井 勝也
1954年、東京都に生まれる。1976年、中央大学法学部卒業。1978年~1992年、東京都に勤務。1992年から旅行会社を経営、現在に至る。ドストエーフスキイの会会員。読書会「著莪」会員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


ランキング一覧へ