pagetop

本 脳科学のテーブル

ほしい!に追加 twitter
本-脳科学のテーブル
著者: 外山敬介 (編)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
京都大学学術出版会
シリーズ名
学術選書 034
発行年月
2008年 03月
ISBNコード
9784876988341
版型
--
ページ数
199P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

外山敬介 OFF

内容紹介

人間はどこまで「脳」の謎に迫れるのか?世界の研究をリードした重鎮と第一線の研究者が、未知の世界へ踏み込んだ先人たちの業績を振り返り、研究史を切り開いた諸概念と近未来のテーマを闊達に語る。
最先端の巨大科学となった研究も、人の営みの積み重ねによって展開していく。
科学と科学者のあり方を、研究者自身の体験から生き生きと描き出すことで、過去から現在、未来へと見渡す脳研究の鳥瞰図。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 神経科学と理論研究のインタラクションは何を生んだか(神経科学との出会い―なぜ、数理であり、物理であり心理であるのか/前電気生理学の時代から電気生理学の時代へ/電気生理学の時代/神経科学前夜/神経科学の時代/神経科学の将来)/幕間の解説 理論神経科学史のアウトライン―二つの対談を理解するために(精神の座としての脳/神経回路とその機能(1940年代の「理論」)/パーセプトロン(1957‐60年代)/ホログラフィックメモリー(1960年代)/連想記憶モデル(1960‐70年代)/自己組織化モデル(1970‐80年代)/コネクショニズム(1980年代))/第2部 ニューロコンピューティング研究は何を生んだか(爆発的発展の前夜の暈気/「バイオニクス」の時代から「コネクショニズム」前夜まで/「コネクショニズム」の時代/ニューコンピューティングの現在と課題)

著者情報

外山 敬介
京都府立医科大学・名誉教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


岳飛伝 10

北方謙三(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ