pagetop

本 古代日本 国家形成の考古学

ほしい!に追加 twitter
本-古代日本 国家形成の考古学
著者: 菱田哲郎 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 京都大学学術出版会
シリーズ名 学術選書 025 諸文明の起源 14
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784876988259
版型 --
ページ数 313P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

菱田哲郎 OFF

内容紹介

日本の国家形成論研究には、膨大な蓄積がある。
その論点をコンパクトに整理統合し、考古資料が語りうる視点から古代日本を浮き彫りにする。
とりわけ本書では、5世紀に花開いたさまざまな技術革新をフォローすることからはじめ、7~8世紀の産業政策と宗教政策―その接合部分に「国家」を見ることで、慎重にかつ大胆に古代日本の国家像を描くのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 考古資料と日本の国家形成/第2章 内部領域の形成と中心‐周縁関係―五・六世紀の生産と社会/第3章 地域統合と統治組織―六・七世紀の生産と社会/第4章 律令制下の産業政策/第5章 律令制下の宗教政策/第6章 下部構造と上部構造からみた日本の国家形成

著者情報

菱田 哲郎
京都府立大学文学部准教授。専門は日本考古学、比較考古学。1960年大阪生まれ。1983年京都大学文学部史学科考古学専攻卒。同大学大学院博士課程中退。1985年京都大学文学部助手、同大学文学部博物館(現総合博物館)助手。1992年より京都府立大学文学部に移り、1994年より現職。古墳や寺院の調査を手がけ、とりわけ兵庫県の播磨地域では継続的に発掘調査や測量調査をおこなっている。論著は須恵器を中心とした手工業生産に関するもの、寺院や瓦を中心とした古代仏教に関するものが多く、それらを通して地域社会の推移を考古資料から組み立てる試みにも取り組んでいる。また、上智大学アンコール国際調査団にも加わったことを契機に、国際的な比較を通して文明の形成過程を考えることも進めており、神殿・寺院の成立について国際形成との関わりから検討しようとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ