pagetop

本 ドイツ住宅改革運動 19世紀の都市化と市民社会

ほしい!に追加 twitter
本-ドイツ住宅改革運動 19世紀の都市化と市民社会
著者: 北村昌史 (著)
定価 ¥5,940(税込)
BOOKFANポイント: 275 pt
or
Tポイント: 165 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 京都大学学術出版会
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784876987191
版型 --
ページ数 524P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

北村昌史 OFF

内容紹介

ベルリンを先駆として誕生した「都市計画構想」が、近代都市に受容されていく過程を解明する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 住宅問題の発生(一九世紀中葉ベルリンの住宅事情/「トロイアの木馬」と市民社会―一八二〇~三一年ベルリン行政と住宅問題/ファミリエンホイザーと市民社会―一八四三年の探訪記の分析を中心に)/第2部 住宅改革運動の展開(ドイツ三月革命前後の労働諸階級福祉中央協会/一八四〇年代ベルリンの都市社会とファミリエンホイザー/一九世紀中葉の住宅改革運動―ベルリン共同建築協会//一九世紀中葉の住宅改革構想)/第3部 住宅改革構想の変遷(「ホープレヒト案」(一八六二年)とベルリン都市社会/ドイツ統一前後の住宅改革構想/一九世紀ドイツにおける住宅改革構想の変遷―労働諸階級福祉中央協会の機関誌を題材に ほか)

著者情報

北村 昌史
1962年山形県生まれ。1986年京都大学文学部卒業。1995年京都大学博士(文学)。2000年Oxford University Academic Visitor。京都大学文学部助手、新潟大学教育学部助教授を経て、新潟大学人文社会・教育科学系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ