pagetop

本 ラオ人社会の宗教と文化変容 東北タイの地域・宗教社会誌

ほしい!に追加 twitter
本-ラオ人社会の宗教と文化変容 東北タイの地域・宗教社会誌
著者: 林行夫 (著)
定価 ¥6,264(税込)
BOOKFANポイント: 290 pt
or
Tポイント: 174 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
京都大学学術出版会
シリーズ名
地域研究叢書 12
発行年月
2000年 04月
ISBNコード
9784876984022
版型
--
ページ数
476P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林行夫 OFF

内容紹介

「ラオ語を使え、ここはラオ人の村だ。
『シャム語』はいらん」。
筆者を叱りつけた東北タイの1老人は、しかし、ラオスの人々からは、「イーサン(東北タイ人)に過ぎない」と冷ややかな眼差しを投げかけられる―では、いったい、「ラオ人社会」とは何か?タイ・ラオス二国に跨り、17年に及ぶフィールド調査に基づいた詳細な民族誌から、地域に根ざす精霊祭祀と上座仏教の実践が、国家編制や社会変化の過程の中でいかに生成・分化し、変容したかを明らかにする。
東南アジア社会に通底する地域のダイナミズムに迫る意欲作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 本書の課題と目的/第1章 東南アジアの上座仏教徒社会研究と課題/第2章 「ラオ」人社会はどこにあるか/第3章 東北タイにおけるラオ人集落の形成過程と宗教構成/第4章 村落宗教の構造と変容/第5章 東北タイにおける仏教とモータム/第6章 村落宗教の変節と「森の寺」/終章 ラオ人社会の現在と宗教実践の行方

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


’17 建築消防advice


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ