pagetop

本 「臨床心理学」という近代 その両義性とアポリア Academic profession and faculty

ほしい!に追加 twitter
本-「臨床心理学」という近代 その両義性とアポリア Academic profession and faculty
著者: 大森与利子 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 雲母書房
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784876721849
版型 --
ページ数 320,19P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大森与利子 OFF

内容紹介

近代を批判的に透視したフロイト、マルクス、ラカン、アルチュセールらの理論や社会学の知見にも依拠し、「共生・共存」に根差した「節度の臨床心理学」復活への道筋を探究。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「臨床心理学」の問題系(「臨床心理学」という突出現象/ポピュリズムと心理学 ほか)/第2章 市場競争原理主義と「心理学」の台頭(個体還元論(こころ主義)の蔓延/消費社会における個人化の進展と「心理学」の役割 ほか)/第3章 「臨床心理学」という近代(「臨床心理学」のアポリア/「個人の病理」と「関係性の病理」 ほか)/第4章 近代性と精神分析(精神分析の深淵/フェティシズムと近代性)/終章 アポリア超克は可能か―パラダイム変換への視座(「臨床心理学」の射程と限界/「エスノメソドロジー」という視点 ほか)

著者情報

大森 与利子
神奈川県藤沢市在住。静岡県生まれ。1979年、立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。心理治療機関、地域の相談センターカウンセラー、大学、短期大学等の非常勤講師・学生相談室相談員などを経て、現在、関東学院大学、人間総合科学大学等の非常勤講師及び地域の研修会講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ