pagetop

本 心はどこまで脳にあるか 脳科学の最前線

ほしい!に追加 twitter
本-心はどこまで脳にあるか 脳科学の最前線
著者: 大谷悟 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 海鳴社
発行年月 2008年 07月
ISBNコード 9784875252535
版型 --
ページ数 258P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大谷悟 OFF

内容紹介

テレパシーなんて!そう、怪しげな本もたくさんあります。
しかし不思議な現象すべてを拒否してしまっていいのでしょうか。
脳科学者の目で、これまでのいろいろな実験を検証。
記憶の不思議に迫る―偽記憶を植え付けられて父親を近親相姦で訴えた話や、記憶を消去できる話など、興味津々の話題。
心とは何かという昔からの人類の謎にも迫る―コンピュータで脳の代わりをさせる研究、テレパシーの研究、トラウマを消せるかもしれない研究、統合失調症やADHDに関係する前頭葉とドーパミンの研究―これらの研究を取り上げる。
前著『みちくさ生物哲学』で渋沢クローデル賞特別賞を受賞した著者による脳科学の最前線。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 脳とESP研究―不思議な現象を探究した学者たち(不思議な現象への憧れ/偶然の一致とコマネチ ほか)/第2章 脳の延長としての機械―意志を電信する技術(スーパーマンの悲劇/脳があやつる機械 ほか)/第3章 脳にきざまれた過去―記憶という不思議な現象(よみがえる過去/アメリカで流行した児童虐待訴訟 ほか)/第4章 脳の中の司令官―前頭前野皮質の自我機能(記憶に残った名台詞/「人間的」なこととは ほか)/第5章 脳科学のアヴァンギャルド―未来に向けて(ノーベル賞学者ワトソンとエックルズ/エックルズの心身二元論 ほか)

著者情報

大谷 悟
1961年埼玉県大宮市(現さいたま市)生まれ。1983年北海道大学獣医学部卒業。1989年ニュージーランド・オタゴ大学大学院博士課程修了(心理学・神経科学)。同年より、フランス国立衛生医学研究機構(INSERM)第29ユニット(パリ)、バージニア大学神経外科学部、ロッシュ分子生物学研究所(ニュージャージー州)、パリ第11大学理学部で研究。1997年INSERM上級研究官試験合格。現在パリ第6大学(ピエール・エ・マリー・キュリー大学)神経生物学研究所・神経可塑性グループリーダー。著書に『みちくさ生物哲学』(海鳴社、2000:第18回渋谷クローデル賞特別賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ