pagetop

本 ナノの世界が開かれるまで

ほしい!に追加 twitter
本-ナノの世界が開かれるまで
著者: 中垣正幸 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
出版社名 海鳴社
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784875252191
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中垣正幸 OFF

内容紹介

ナノとは10-9mを意味するが、1mを地球の直径にまで拡大しても、1ナノはやっとビー玉の直径に相当する程度の、気の遠くなる小さな世界である。
この最先端技術のナノテクノロジーを支えるナノサイエンスが、どのような経過を経て生まれてきたかを本書は明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

有機化学の芽生えと実験化学教育の確立/石炭の産業廃棄物から生まれた化学染料産業のシーズ/原子をつなげて天然染料をつくる:アリザリンとインジゴの合成/人類の科学・技術市場最大の成果:染料から始まった化学療法剤/分子を数える:分子実在の証明/マルサスの人口論から生まれたアンモニアの合成:化学理論と金属触媒の威力/分子を表面に並べる:水や固体表面にできる単分子膜/DDTが引き起こした農薬産業イノベーションとその影/分子をつなげる:人工高分子の光と影/分子を集める、組み立てる:分子集合体化学と超分子化学/分子を視る、操る:走査型顕微鏡の登場/ナノテクノロジーブームの到来/総括

著者情報

中垣 正幸
京都大学名誉教授、東京帝国大学理学部化学科卒(1945)、理博、京都大学教授(1960)、日本薬学会学術賞受賞(1970)、日本膜学会会長(1978‐1988)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ