pagetop

本 古木の物語 巨樹信仰と日本人の暮し

ほしい!に追加 twitter
本-古木の物語 巨樹信仰と日本人の暮し
著者: 牧野和春 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工作舎
発行年月 2007年 10月
ISBNコード 9784875024040
版型 --
ページ数 239P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

牧野和春 OFF

内容紹介

晩秋の夕陽を浴びる古木。
その姿はまるで「市井の仙人」のよう。
干ばつ、大洪水、地震、豪雪、相次ぐ災害に見舞われ続けた一千年もの間、傷つき耐えて、なおも共に生きる巨樹は人々の心の支え。
荘厳な杉参道に結実した歴史の偉業、篤信の念仏者ゆかりの柿の木…ときに威風堂々と、ときに素朴に平凡な姿で、ただ静かにこの世の人々の生業を見守る大いなる木の精霊たち。
―日本人と木との暮し、カミ観念や信仰心を綴る十五の物語。
樹木の声が聴こえる、人の心が観えてくる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 木の声(「市井の仙人」鳩山、八幡神社のイチイガシ/越後、虫川の大杉は現代の閻魔大王/天翔る楠の壮大なロマン/坂東霊場、大慈大悲の慈光寺の榧/大椎は日蓮の声を聞いたか/会津、歴史を覗いた二本の大ケヤキ)/第2部 人の心(一期一会の木となった幻の「根上り松」/木喰、刻印二百年の立木仏/古のときを想わせる、波崎の大タブ/妙好人・因幡の源左と柿の木/小説家、有島武郎の最後を知っていた木/極楽浄土へ導く善光寺の回向柱/日本の祖霊と巨樹/木を迎え、木を送る)

著者情報

牧野 和春
1933年、鳥取県生まれ。慶應義塾大学文学部卒。ジャーナリストを経て1968年、牧野出版創立。精神医学関連を中心に出版。併せて日本人の心を関心事に執筆活動を続ける。現在、惜水社社長。常に現場主義、臨場感をもとに生身の人間としての体感と思索を重視。奥武蔵在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ