pagetop

本 ジオメトリック・アート 幾何学の宇宙教室

ほしい!に追加 twitter
本-ジオメトリック・アート 幾何学の宇宙教室
著者: カスパー・シュワーベ (著)
石黒敦彦 (著)
定価 ¥4,212(税込)
BOOKFANポイント: 195 pt
or
Tポイント: 117 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工作舎
シリーズ名 神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ
発行年月 2006年 05月
ISBNコード 9784875023920
版型 --
ページ数 213P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

カスパー・シュワーベ OFF
石黒敦彦 OFF

内容紹介

幾何学の宇宙教室―ジオメトリック・アート。
まさに魔術トリック。
日本初公開の図像を含め250点余を収録。
不思議なかたち満載のビジュアルブック。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 SYMMETRYシンメトリー―多面体の万華鏡、めくるめくシンメトリー空間へのいざない。/2 SPACE PACKINGスペース・パッキング―もっとも効率よく空間をうめつくす数学的デザインのこころみ。/3 PROPORTIONプロポーション―自然・人工を問わず、かたちの調和には比率のシステムが秘められている。/4 CONNECTIONコネクション―異なるものを結び合せ、立体化する「コネクション」の妙に触れる。/5 KINEMATICSキネマティックス―風が動かすモビールから惑星の軌道運動まで、「動く」世界に挑む最先端の幾何学。

著者情報

カスパー・シュワーベ
1953年、スイスのチューリッヒ市に生まれる。グラフィック・デザイナーの父、画家の母のもとで育ち、同地のシュタイナー学校へ。独学で科学、芸術、デザインを修める。クワドリコーン(折り畳み自在多面体)や巨大多面体鏡、ジオデジック球体など、自らも幾何学モデルを制作しつつ、科学博覧会のアートディレクターとして国際的な活動を展開する。1984年にフェノメナ展、91年にオイレカ展と題した大規模な科学博覧会のアート・ディレクションを行う。86年にダルムシュタットで行われたシンメトリー展をはじめ、ポルトガル万博スイス館、科学館テクノラマなどの仕事を通して、科学者や芸術家などと独自のネットワークを形成する。88年にチューリッヒに幾何学アートのフォーラム「AHAギャラリー」を設立。2002年から03年まで神戸芸術工科大学特任教授。2004年からは倉敷芸術科学大学教授
石黒 敦彦
1952年東京生まれ。明治学院大学文学部卒業。芸術/科学系の編集者を経て、86年、芸術と科学の新しい関係をアーティスト、研究者とともに探求する“来るべき芸術”のためのワークショップを設立。87~92年の美学校・芸術科学実験工房、89~91年「エクスプロラトリアム展」(科学技術館など)のワークショップ部門の企画運営などを通じて、芸術と科学の「共有地」を作ろうと試みる。1991年以来、「メビウスの卵展」を毎年、全国で同時多発に開催。本書の刊行と並行して、一連の活動を俯瞰した「メビウスの卵展15年の挑戦・光のアートランド」展が、金沢21世紀美術館で開催される。現在、多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師(ワークショップ原論、情報デザイン演習)、武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師(アートマネジメントと福祉)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ