pagetop

本 シャーマニズムと想像力 ディドロ、モーツァルト、ゲーテへの衝撃

ほしい!に追加 twitter
本-シャーマニズムと想像力 ディドロ、モーツァルト、ゲーテへの衝撃
著者: グローリア・フラハティ (著)
野村美紀子 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工作舎
発行年月 2005年 08月
ISBNコード 9784875023876
版型 --
ページ数 380P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

グローリア・フラハティ OFF
野村美紀子 OFF

内容紹介

シャーマニズムは古代より人々の想像力を刺激してきた。
とりわけ、シベリア、グリーンランド、南北アメリカにおいて見聞されたシャーマンの報告書が18世紀のヨーロッパで出版されるようになると、思想、宗教、芸術、医学の面に多大な影響を及ぼしていく。
『百科全書』を編纂したディドロを、オルペウスの再来とされたモーツァルトを、そして『ファウスト』を書いたゲーテを、シャーマニズムの観点から捉え直すとき、そこからは従来の研究では見過ごされていた意外な側面が立ち現われてくる―。
西洋文化の伏流としてのシャーマニズムに光を当てる画期的な試み。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序論 シャーマニズムの衝撃/第1部 物語から事実へ―ヨーロッパのシャーマニズム受容(シャーマニズムのパラダイム/一八世紀の探検報告/相互作用・変容・消滅/医学者が見たシャーマニズム)/第2部 虚構と空想への回帰―一八世紀芸術とシャーマニズム(ディドロ『ラモーの甥』とロシアの影響/ヘルダーの芸術家シャーマン論/オルペウスの再来、モーツァルト/ゲーテが描いたシャーマンたち/ファウスト、近代のシャーマン)/後記 シャーマン学序説

著者情報

グローリア・フラハティ
1938‐1992。元・アメリカ、イリノイ大学ドイツ学科教授。没後、北米ゲーテ・ソサエティに「グローリア・フラハティ奨学基金」が設けられた
野村 美紀子
1940年、東京生まれ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ