pagetop

本 カオスの自然学 水・大気・音・生命・言語から 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-カオスの自然学 水・大気・音・生命・言語から 新装版
著者: テオドール・シュベンク (著)
赤井敏夫 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工作舎
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784875023845
版型 --
ページ数 323P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

テオドール・シュベンク OFF
赤井敏夫 OFF

内容紹介

流体の作り出すさまざまな形態を通じて、水と大気の遊星である地球の上に誕生した生命現象の本質に迫る。
生命の起源から言語の発生まで、自然界の神秘を鮮やかに描写。
ノヴァーリス、ゲーテら、ドイツロマン派の伝統を継ぐ、イマジネーションに富んだ自然学の快著。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 祖型的運動/2 自然の感覚器官/3 天界の使者/4 水と大地の対立/5 人体の流動形態/6 流動する叡知/7 流体の霊性/8 水と大気/9 気圏の中の水/10 大気/11 宇宙の創造的言語

著者情報

テオドール・シュベンク
西ドイツの黒い森(Schuwarz Wald)地方のヘリシュードで、流体の研究室を運営する流体力学者。ルドルフ・シュタイナーの研究者としても知られる。水を一つの生命体としてとらえることによって、水の未知の性質を把握する一方で、流体の研究を通じて現代文明の歪みを指摘。1972年には、ストックホルムのシュタイナー・セミナーハウスに、イギリスの彫刻家ジョン・ウィクルスと協力して水の循環作用をテーマにした環境彫刻を製作・設置している
赤井 敏夫
1957年2月、京都に生まれる。関西学院大学文学部英文科卒。現在は大学で教鞭をとる傍ら、翻訳・執筆活動を続ける

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ