pagetop

本 沖縄戦「集団自決」を生きる 渡嘉敷島、座間味島の証言 写真証言

ほしい!に追加 twitter
本-沖縄戦「集団自決」を生きる 渡嘉敷島、座間味島の証言 写真証言
著者: 森住卓 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2009年 01月
ISBNコード 9784874984130
版型 --
ページ数 126P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森住卓 OFF

内容紹介

沖縄・慶良間諸島で何が起こったかを伝えたい!その思いに駆られたフォトジャーナリストが、極限の惨劇「集団自決」を体験した人たちをたずね、その貴重な証言を風貌・表情とともに伝える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

渡嘉敷島(私たちは軍の命令で北山に集められた(吉川嘉勝さん)/住民に投降勧告をしに行った叔父は(池原利江子さん)/「則ちゃんは一人でいるから、早く逃げて…」(北村登美さん)/行方不明になっていた父に再会したとき(金城信子さん) ほか)/座間味島(校長先生、私たちを先にやってから死んでください(宮里哲夫さん)/体験は体験者の数だけあるんですよ(宮城恒彦さん)/「こんなに大きく育てたのにくやしい、ゴメンね」(宮平春子さん)/「どうしても、生き延びられないのか…」(宮村トキ子さん) ほか)

著者情報

森住 卓
1951年、神奈川県生まれ。フォトジャーナリストとして基地、環境問題などを取材する。日本写真家協会(JPS)、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員。1994年より世界の核実験被爆者を取材、旧ソ連セミパラチンスク核実験場の取材で週刊現代ドキュメント写真大賞を受賞。99年に出版の『セミパラチンスク』(高文研)で日本ジャーナリスト会議特別賞、平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ