pagetop

本 「軍事植民地」沖縄 日本本土との〈温度差〉の正体

ほしい!に追加 twitter
本-「軍事植民地」沖縄 日本本土との〈温度差〉の正体
著者: 吉田健正 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784874983850
版型 --
ページ数 261P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田健正 OFF

内容紹介

“基地の島”として軍事利用されつづける沖縄は「軍事植民地」にほかならない。
戦後60余年、沖縄住民を切り捨て、復帰後もその願い・要求をそらし、すりかえ、今なおアメとムチの使い分けで植民地状態を保持しつづけようとする―この国の政治に対する沖縄からの異議申し立て。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 「軍事植民地」六〇年の歴史(「沖縄の連中はいい加減にせい」と言う軍事アナリスト/「アジア最後の植民地」沖縄/「軍事植民地」沖縄を支えているのはだれか/「朝日報道」があばいた米軍統治の実態/日米地協定にみる従属の構図)/第2部 米軍・米兵を見る沖縄の眼(米兵に「ビールを一杯ずつおごってやった」前沖縄担当首相補佐官/「良き隣人」の条件/基地との共存を説く高級官僚たち/沖縄の米盲人・軍属の犯罪率は、沖縄住民の犯罪率よりも低いか/「基地経済」の実態を検証する)/第3部 「祖国」から遠く離れて(沖縄「同胞」より「対米関係」/「琉球住民」と「日本国民」の間で/「密約」で葬られた沖縄人の権利/「祖国復帰」がもたらしたもの)

著者情報

吉田 健正
1941(昭和16)年、沖縄県に生まれる。ミズーリ大学、同大学院卒。沖縄タイムス、AP通信、ニューズウィーク誌などの記者、カナダ大使館広報官をへて、1989年から桜美林大学国際学部でカナダの外交、米国政治、沖縄、マスメディアなどの授業を担当。2006年3月退職後、沖縄に帰る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ