pagetop

本 「いのちの授業」をもう一度 がんと向き合い、いのちを語り続けて

ほしい!に追加 twitter
本-「いのちの授業」をもう一度 がんと向き合い、いのちを語り続けて
著者: 山田泉 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784874983843
版型 --
ページ数 303P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山田泉 OFF

内容紹介

国東半島の里山の学校の実践記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 保健室に来る子どもたち/第2章 山ちゃん流「生と性」の学習/第3章 がんの宣告を受けて/第4章 「いのちの授業」から人権学習へ/第5章 新しい学校は不安がいっぱい/第6章 いのちの重さ―生と死のはざまで

著者情報

山田 泉
1959年大分県豊後高田市生まれ。1979年から養護教諭の仕事に就き、県内の7校の小・中学校に勤めた。2000年2月、乳がんを発症し休職。左乳房の温存手術後、放射線治療、ホルモン療法を受けた。2002年4月に復職し、自らの体験をもとに「いのちの授業」に取り組んでいたが、2005年11月に再発。再び手術を受け、休職。2006年10月に復職したが、体力の限界を感じ、2007年3月退職。“人間と性”教育研究協議会会員(豊後高田サークル代表)、オードリーの会(おおいた乳がん患者の会)代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ms ばば 投稿日:2013/08/15

生と性の授業から、死ぬことと生きることを考える

バイタリティあふれる養護教諭の山ちゃんが、自らの病を通じて 思春期の子ども達に伝えてくれた「いのちの授業」。
子ども達だけではなく、かつて子どもだったすべての人へ向けて、”生きる”ということを 語ってくれているように思います。

思春期の嵐の中で、小舟のような子ども達の心は光を見失って、荒波の中を彷徨う事… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ