pagetop

本 ある軍国教師の日記 民衆が戦争を支えた

ほしい!に追加 twitter
本-ある軍国教師の日記 民衆が戦争を支えた
著者: 津田道夫 (編著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784874983812
版型 --
ページ数 309P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

津田道夫 OFF

内容紹介

廬溝橋事件から太平洋戦争をへて敗戦までの8年間、一女学校教師が一日も欠かさず書き続けた日記をもとに、手紙と慰問袋による「銃後」と「前線」との交流、出征兵士の見送り、空襲下の「御真影」奉護など、戦争に翻弄され、逆にまた戦争を下支えした民衆の姿を、等身大のリアルさで描き出す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 日中全面戦争に突入する―昭和一二(一九三九)年/2 中国戦線の拡大と「銃後」―昭和一三(一九三八)年/3 泥沼化する戦争、窮迫する国民生活―昭和一四、一五(一九三九、四〇)年/4 日米開戦、緒戦の勝利と戦局の転換―昭和一六、一七(一九四一、四二)年/5 不安と疑問の霧につつまれて―昭和一八(一九四三)年/6 敗色深まり、空襲はじまる―昭和一九(一九四四)年/7 敗戦への道、空襲の日々―昭和二〇(一九四五)年夏まで/8 敗戦の秋、天皇崇拝だけは残った―昭和二〇(一九四五)年8~12月

著者情報

津田 道夫
本名、浅見浩。1929年(昭和4)年、埼玉県幡羅村(現深谷市)に生まれ、32年、家族と共に久喜町(現久喜市)に移る。現在も久喜市に在住。1942年、埼玉県立浦和中学校入学、47年、同校を卒業して気象技術官養成所(現気象大学校)に入所するが、49年、新たに東京教育大学文学部史学科に入学。53年、同大学を卒業して改造社に入社、雑誌『改造』編集局に配属されるが、同年12月、肺結核により滝野川病院に入院。55年1月、同院を退院するも改造社は倒産。その後、編集・校正のアルバイトをへて57年より日本生産性本部出版部に勤務。60年、同部を退職した後は、マルクス主義の理論同人誌『現状分析』(57年以後)を主宰しながら著述活動に専念。71年には「障害者の教育権を実現する会」の結成に参加、今日まで事務局員を務める。05年、「九条の会・久喜」の結成に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

教育・資格検定のランキング

見てる、知ってる、考えてる

中島芭旺(著)


公式TOEIC Listening & Reading問題集 1

EducationalTestingService(著)


「カエルの楽園」が地獄と化す日

百田尚樹(著)


ランキング一覧へ