pagetop

本 国旗・国歌と「こころの自由」 歴史と法規範から検討する

ほしい!に追加 twitter
本-国旗・国歌と「こころの自由」 歴史と法規範から検討する
著者: 大川隆司 (著)
定価 ¥1,188(税込)
BOOKFANポイント: 55 pt
or
Tポイント: 33 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784874983546
版型 --
ページ数 126P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大川隆司 OFF

内容紹介

国旗・国歌への職務命令による「忠誠」の強制は許されるのか?裁判を起こした弁護団代表が、歴史を振り返り、法規範を総点検してその違憲・違法性を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 神奈川県立学校で今どんなことが起きているか(起立・斉唱強制に関する県教育行政の歩み/各学校における強制の実態 ほか)/2 「日の丸・君が代」と学校儀式の歴史(なぜ歴史をふりかえるのか/明治憲法下の学校教育における日の丸・君が代の位置づけ ほか)/3 この裁判に適用される法規範(思想・良心の自由の保障/表現の自由の保障 ほか)/4 国旗・国歌に対する忠誠義務は存在しない(教職員の職務上の義務の根拠―地方公務員法と職務命令/法令上の義務は存在しない ほか)/5 「歴史の記憶」は消せない(「戦後40年」の日本とドイツ/「歴史の記憶」が抹殺されようとしている ほか)

著者情報

大川 隆司
1940年、横浜市に生まれる。1964年、東京大学経済学部経済学科卒業。同年、労働省に入省するが、その後進路を変更、68年弁護士登録を行う(第二東京弁護士会、のち84年、横浜弁護士会に登録換え)。以来、教科書検定訴訟(家永訴訟第1次・2次・3次、及び高嶋訴訟)にかかわり続ける。また86年から現在まで、史上最大の思想・言論弾圧事件、横浜事件の再審請求訴訟(第1次・2次・4次)にとりくんできた。その一方、住民訴訟、情報公開訴訟を手がけてきたが、市民オンブズマン運動の高まりの中で、97年3月、「かながわ市民オンブズマン」を設立、代表幹事となる(00年4月~05年10月には全国市民オンブズマン連絡会議代表幹事を兼務)。05年7月提訴の神奈川「こころの自由裁判」弁護団代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ