pagetop

本 若き一読書人の思想の遍歴 戦争の時代 1937~1946

ほしい!に追加 twitter
本-若き一読書人の思想の遍歴 戦争の時代 1937~1946
著者: 栗原克丸 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
出版社名 高文研
発行年月 2004年 12月
ISBNコード 9784874983324
版型 --
ページ数 396P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

栗原克丸 OFF

内容紹介

日中戦争から太平洋戦争へ、すべての学生が戦場への道を宿命づけられていた時代、詩人の感性をもつ一青年は、どんな本を読み、どんな文学者・思想家に心を惹かれたのか―。
読書でたどる一青年の精神史。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 日中戦争の頃―17~19歳(少年の理想主義と佐藤紅緑―「農民芸術概論」との出会い/教師・賢治に学ぶ ほか)/2 アジア太平洋戦争へ―20~23歳(第二次世界大戦勃発の頃―「紀元二六〇〇年祭」の年/萩原朔太郎『日本への回帰』―詩人朔太郎の悲劇 ほか)/3 帝国陸軍の内側で―23~25歳(東部第三部隊入隊 初年兵哀歌/転生の時 兵営からの報告―転身雑感 ほか)/4 敗戦直後・虚無と絶望の底で―25~26歳(『正法眼蔵随聞記』を読む/三木清・その死 ほか)

著者情報

栗原 克丸
1919(大正8)年、埼玉県比企郡福田村(現滑川町)に生まれる。埼玉県立松山中学校(現松山高校)卒業後、東京高等師範学校(現筑波大学の前身)に入学、1942(昭和17)年9月、繰上げ卒業と同時に応召、3年間の軍隊勤務の後、敗戦で復員。1946(昭和21)年10月より、埼玉県立小川高校に勤務、1985(昭和60)年3月に退職。この間、学校図書館運動に力を注ぎ、埼玉県高校図書館研究会会長、埼玉県図書館協会副会長、全国学校図書館協議会提言委員会委員長等を歴任する。退職後の86年「冬扇社」を設立、『冬扇通信』を発行。淑徳短期大学講師、大東文化大学講師、丸木美術館理事を務める。2002年没。『冬扇通信』は85号(追悼号)をもって終刊

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版


コンビニ人間

村田沙耶香(著)


陸王

池井戸潤(著)


ランキング一覧へ