pagetop

本 「在日」民族教育の夜明け 一九四五年一〇月~四八年一〇月 物語

ほしい!に追加 twitter
本-「在日」民族教育の夜明け 一九四五年一〇月~四八年一〇月 物語
著者: 李殷直 (著)
定価 ¥5,076(税込)
BOOKFANポイント: 235 pt
or
Tポイント: 141 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高文研
発行年月 2002年 04月
ISBNコード 9784874982792
版型 --
ページ数 762P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

李殷直 OFF

内容紹介

世界史に類例をみない在日朝鮮人の民族教育は、いかにして創られたか。
1945年秋、日本の敗戦による解放後、校舎もなく、教科書もなく、教員もいない中、米占領軍司令部による弾圧をはね返して列島全域に根を下ろした民族教育草創期のドラマを、その中心で活動した著者が描き出した―最初で最後の記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 一九四五年一〇月~四七年七月(在日本朝鮮人聯盟(朝連)文化部/民族文化講演会/帰国同胞のために/教科書づくり/三・一独立運動記念祝賀大会 ほか)/第2部 一九四七年八月~四八年一〇月(布施辰治弁護士と岩手県宮古の委員長夫妻/朝連・江東支部の委員長になる/暴力団事件と支部委員長辞任/共産党への入党と民族学校廃止の策謀/在日本朝鮮文学会を設立する ほか)/資料

著者情報

李 殷直
1917年、朝鮮全羅北道に生まれる。1928年3月、新秦仁公立普通学校(小学校に当たる)を卒業。29年から3年余、郷里の日本人商店で住み込みの小僧として働く。33年5月、日本での苦学を志し、地元の警察に25回ほど通ったすえ渡航証明書を得て渡日。1年間、下関で小僧として働いたのち、34年6月、上京。硝子工場で働きつつ夜間商業学校に編入、以後、転々と職をかえながらも37年3月、夜間商業を卒業。同年4月、作家を志望して日本大学予科文科に入学、41年12月、同大学法文学部芸術科文芸学専攻卒業。翌42年1月、日本学芸通信社編集部入社。45年2月、同通信社解散により、厚生省中央興生会新聞局に移る。45年8月の解放後、11月より在日本朝鮮人聯盟(朝連)の活動に参加、以後、一貫して同胞の民族教育文化事業にたずさわる。60年、財団法人・朝鮮奨学会の理事となり、その後30年、育英事業に従事した。作品・著書:日本大学予科在学中、最初の長編「ながれ」を月刊『芸術科』に連載(芥川賞候補に推されたが、検閲により連載を中断された)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ