pagetop

本 一海軍士官の太平洋戦争 等身大で語る戦争の真実

ほしい!に追加 twitter
本-一海軍士官の太平洋戦争 等身大で語る戦争の真実
著者: 斉藤一好 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
出版社名 高文研
発行年月 2001年 12月
ISBNコード 9784874982723
版型 --
ページ数 244P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

斉藤一好 OFF

内容紹介

日米開戦の年、海軍兵学校を卒業、開戦からミッドウェー海戦まで戦艦「長門」に、その後、駆逐艦「雪風」で太平洋を転戦、最後は巨大潜水艦イ400で特攻出撃するまでを、粉飾せず、誇張せず、等身大で語った戦争体験記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

太平洋戦争開戦からミッドウェー海戦まで/海軍兵学校の教育/駆逐艦雪風での最初の海戦/ガダルカナル撤収作戦/ダンピール海峡の悲劇/コロンバンガラ沖夜戦/シンガポールへの空母護衛と船団護衛/潜水学校に入る/巨大潜水艦イ四〇〇に乗組む/ウルシーへの出撃と敗戦/捕虜生活とイ四○○の艦内生活/太平洋戦争をかえりみて/戦後―私が歩いた道

著者情報

斉藤 一好
1920年、山梨県に生まれる。県立甲府中学卒後、1938年、海軍兵学校に入学(第69期生)。41年3月、同校卒業。少尉候補生として、戦艦陸奥をへて連合艦隊旗艦の長門に乗り組み、同年12月の日米開戦を迎える。42年6月、駆逐艦雪風に転属、当初は航海士、次に水雷長を務める。44年2月、雪風を退艦、潜水学校をへて同年8月、巨大潜水艦イ400の艤装員、続いて同艦の水雷長に就任。45年7月、米太平洋艦隊の根拠地ウルシー環礁への特攻攻撃のため出撃、特攻攻撃直前、洋上にて敗戦を迎える。戦後は、弁護士への道をめざし、46年、東大法学部に入学。51年に弁護士活動を始める。54年、青年法律家協会の結成にさいしては発起人として参加。その後、スモン薬害訴訟や水俣病裁判の弁護団に参加する一方、55年の発足時から国際民主法律家協会(IADL)の活動に参加、国際書記、副会長(90~96年)などを務める(現在は顧問)。他に、66年、東京弁護士会副会長、70年、日本弁護士連合会理事等も務めた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ