pagetop

本 佐川吉男遺稿集 4

ほしい!に追加 twitter
本-佐川吉男遺稿集 4
著者: 佐川吉男 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
出版社名 芸術現代社
シリーズ名 佐川吉男遺稿集 4
発行年月 2006年 06月
ISBNコード 9784874631768
版型 --
ページ数 311,5P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐川吉男 OFF

内容紹介

近年活気を呈している日本オペラの歩みをたどり、個々の作品を詳しく紹介、またオペラ作家の創造活動を分析・論評する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 歩み(日本のオペラ小史/二期会“指環”完結までの歩み―オペラ史におけるその意義/各地のオペラが抱える課題―第二回全国オペラフォーラム ほか)/2 作品(清水脩/小山清茂/別宮貞雄 ほか)/3 人(山田耕筰と「黒船」―そしていま、日本オペラ協会が上演する意義/「修禅寺物語」と清水脩/オペラ作家團伊玖磨と「ひかりごけ」 ほか)

著者情報

佐川 吉男
1926年、青森県弘前市の生まれ。旧制東京高等学校理科乙類卒業後、早稲田大学演劇科に進む。在学中より音楽ジャーナリズムにかかわり、レコード雑誌『ディスク』の編集長を務める。その後『音楽の友』、『レコード芸術』、『ステレオ』、『LP手帖』などの音楽雑誌の新譜レコード評や『朝日新聞』のビデオストーリートと新譜視聴室を長年にわたった担当した。さらにオペラの分野においても各誌やコンサートのプログラムに寄稿するなど、評論活動を活発に行なった。一方、武蔵野美術大学教授を務めたほか、東京藝術大学や武蔵野音楽大学、また新国立歌劇場オペラ研修所においてオペラ史やオペラ演出史、舞台美術史の教育研究にもあたってきた。チェコ音楽にも造詣が深く、その分野における研究・評論も数多い。その功績により、1979年、当時のチェコスロヴァキア文化省より「ヤナーチェク・メダル」を授与されている。2000年5月10日、病のため74歳で亡くなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ