pagetop

本 多言語社会の言語文化教育 英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み

ほしい!に追加 twitter
本-多言語社会の言語文化教育 英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み
著者: バトラー後藤裕子 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
くろしお出版
発行年月
2003年 04月
ISBNコード
9784874242759
版型
--
ページ数
248P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

バトラー後藤裕子 OFF

内容紹介

本書では英語を母語としない移民児童・生徒をめぐる教育全般について幅広い項目をカバーしている。
したがって各項目についてはあまり深い考察・議論は行っていない。
これは本書のもとになっている筆者のクラスが、移民児童・生徒を指導する教師たちが最低知っておくべき諸問題を一通り扱った入門講座であることによる。
さらに筆者が、本書を言語教育の専門の方だけでなく、教師の方、教師を目指している方、その他言語や異文化教育に興味のある一般の方々などに読んでいただきたいと思って執筆したことにもよる。
したがって、特に専門知識のない方でも興味をもって読んでいただけるよう、できるだけ専門的な議論はさけ、詳細な研究結果の記述などもひかえた。
本書は言語・異文化教育の一般入門書として執筆したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 問題提起・英語を母語にもたない子どもたち/第2章 移民への教育と文化/第3章 バイリンガリズムと認知の問題/第4章 話しことばの発達/第5章 読み書きの発達:英語の読み書きのできない子どもたち/第6章 英語を母語にもたない子どもへの教科指導/第7章 カリフォルニアの言語政策とその影響

著者情報

バトラー後藤 裕子
東京都出身。東京大学文学部東洋史学科よりB.A.カリフォルニア大学ロス・アンゼルス校(UCLA)でM.A.(教育学)、スタンフォード大学でM.A.(言語学)、Ph.D.(教育心理学)を取得。スタンフォード大学(Center for Educational Research)のリサーチ・フェローを経て、現在ペンシルバニア大学教育学大学院教育言語学部准教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング