pagetop

本 泣ける戦国ばなし

ほしい!に追加 twitter
本-泣ける戦国ばなし
著者: 童門冬二 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 WAVE出版
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784872904475
版型 --
ページ数 207P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 3件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

童門冬二 OFF

内容紹介

小説家・童門冬二が、十二人の戦国武将たちの鮮やかな生きざまを取り上げる。
義、友情、誇り、信念、愛情―乱世を駆け抜けた熱い男たちの美学がわかる一冊。
戦国年表/武将年齢・早見表付き。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 戦国武将たちの泣けるはなし(「不正を許さず義を貫く、豊臣一の忠義者」石田三成/「文武に優れ、上杉の礎を築いた名宰相」直江兼続/「度胸で乱世を生き抜いた、奥州の粋人」伊達政宗/「誇り高き名を受け継ぐ、天才軍師の生きざま」真田昌幸・幸村/「人材育成に力を注いだ、愛情深き甲斐の虎」武田信玄/「天下太平をめざした、戦国一の疾走者」織田信長/「信長に愛された、世に優れたる利発人」蒲生氏郷/「機転と才覚で天下を取った、人たらしの名人」豊臣秀吉/「民や部下に慕われた、人使いの名手」加藤清正/「情に厚く一本気、愛すべき猛将」福島正則/「敗将から大名に返り咲いた、鎮西一の風度人」立花宗茂)/第2部 戦国対談 戦国好きが語る、戦国ばなし(「わたしの好きな戦国のはなし」)

著者情報

童門 冬二
1927年東京都生まれ。土浦海軍航空隊に入隊するが翌年終戦。戦後、東京都庁に勤務。知事秘書、広報室長、政策室長などを歴任。1979年退職、作家活動に専念する。1960年『暗い川が手を叩く』で第四十三回芥川賞候補。歴史と現代を結びつけて、新境地を拓く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ