pagetop

本 ハイデガーの弁明 ハイデガー・ナチズム研究序説

ほしい!に追加 twitter
本-ハイデガーの弁明 ハイデガー・ナチズム研究序説
著者: 奥谷浩一 (著)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 梓出版社
シリーズ名 札幌学院大学選書
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784872620207
版型 --
ページ数 388P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

奥谷浩一 OFF

内容紹介

ハイデガー哲学はなぜナチズムと両立しえたのか。
隠蔽されたハイデガー・ナチズムを解明し、ハイデガーの弁明に含まれる真実と虚構を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ハイデガーとナチズム/第1部 「ハイデガー裁判」の経過と結末(「ハイデガー裁判」の発端/ランペの覚え書き文書と「ハイデガー裁判」のその後の展開/情勢の急展回/一九四五年一一月四日付の学長宛書簡におけるハイデガーの「弁明」/浄化委員会議長宛の手紙におけるハイデガーの最後の抵抗/浄化委員会の最終報告書の概要/「ハイデガー裁判」の結末)/第2部 ハイデガーの『一九三三/三四年の学長職。事実と思想』の真実と虚構(ハイデガーが学長を引き受けた動機と学長選挙の経緯/学長時代のハイデガーの思想と行動/いくつかの密告事件にたいするハイデガーの関与/学長職辞任の真相をめぐって/学長職辞任後のハイデガー/「事実と思想」の思想/結論と今後の展望)/第3部 ハイデガーとシュタウディンガー事件(シュタウディンガー事件または「シュテルンハイム作戦」の発端/シュタウディンガーの経歴と業績について/第一次世界大戦前後とフライブルク大学招聘にさいして生じた諸事件/シュタウディンガー事件の顛末/シュタウディンガー事件後の諸事件/その後のシュタウディンガーとハイデガー/主題の考察)/第4部 シルヴィオ・ヴィエッタによるハイデガー擁護論の批判(ハイデガー・ナチズム論争とハーバマスへの言い掛かり/民族主義・人種主義とハイデガーとの関わり/ナチズムの定義の限りなき曖昧さ/ハイデガーはナチズム批判から近代技術批判へ移行したか/ハイデガーは「ニーチェ講義」でナチズムと対決したか/ハイデガーの『哲学への寄与』における近代技術批判をめぐって)

著者情報

奥谷 浩一
1946年北海道札幌市生まれ。北海道大学文学部哲学科卒業。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得。哲学・倫理学専攻。現在、札幌学院大学人文学部教授および人文学部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ