pagetop

本 威風と頽唐 中国文化大革命の政治言語

ほしい!に追加 twitter
本-威風と頽唐 中国文化大革命の政治言語
著者: 吉越弘泰 (著)
定価 ¥5,076(税込)
BOOKFANポイント: 235 pt
or
Tポイント: 141 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 太田出版
発行年月 2005年 08月
ISBNコード 9784872339826
版型 --
ページ数 623P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉越弘泰 OFF

内容紹介

今なお凍結・封印されたままの中国プロレタリア文化大革命。
それは多彩な言語を華ひらかせ、威風をもって人々を活気づけた。
しかし風暴すさぶ十年をへて、なぜ頽唐をきわめ「現代の文字獄」を生んだのか?その文字獄をつくり自らも繋がれ斃れし者たち、あるいは辛くもそこから蘇りし者たちの声を丹念に渉猟し、闇からの一条の光によって政治言語の再生を照射する畢境の渾身作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

文革言語と「筆杆子」/文革「筆杆子」の登場―姚文元「新編歴史劇『海瑞の免官』を評す」/「真理の前に人々は平等である」―彭真「二月提綱」/「敵」の再発見―江青「部隊文芸工作座談会紀要」/「文革綱領」―「五・一六通知」の言語性格/「槍杆子」の言葉―林彪「五・一八講話」/政治的他者の見方―陳伯達「すべての牛鬼蛇神を一掃せよ」/「大民主」言語―「プロレタリア文化大革命についての決定」(「十六条」)/文革の転換と中央文革の栄光―陳伯達「プロレタリア文化大革命における二つの路線」/紅衛兵政治文章―譚立夫「八・二〇講話」と遇羅克「出身論」〔ほか〕

著者情報

吉越 弘泰
1941年、東京大森(現大田区の一部)に生まれる。1965年、上智大学外国語学部フランス語科卒業。1995年頃より、文革言語読解のため中国語の独習を始める

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ