pagetop

本 歩きながら考える 対話集

ほしい!に追加 twitter
本-歩きながら考える 対話集
著者: 鶴見良行 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
太田出版
シリーズ名
ナマコ・コレクション 1
発行年月
2005年 06月
ISBNコード
9784872339604
版型
--
ページ数
521P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鶴見良行 OFF

内容紹介

『バナナと日本人』『ナマコの眼』の鶴見良行が、網野善彦・板垣雄三・山口文憲ら抜群の対話者たちと、アジア・英語・香港・漂海民・ルポルタージュ論から、木造船の「冒険記」まで、多彩なテーマでとことん論じ尽くした待望の対話集成、ついに刊行。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

アジアを歩きながら考える(加藤祐三)/「もうからない英語」を語ろう(国弘正雄/鹿野力)/国際化と土着(見田宗介)/一九二〇年代、闇の中の周辺文化(永川玲二)/アジアの民衆と日本人(鎌田慧)/越境する東南アジア(山口文憲)/アジアとは何か(板垣雄三)/チャハヤ号航海記(内海愛子/中村尚司/新妻昭夫/藤林泰/村井吉敬/森本孝)/アジアと日本の“海の民”(網野善彦)/海民の世界から見直す日本文化(大林太良/網野善彦)/アジア海道―漂海民をめぐって(門田修)/インタビュー・忘れられた海の歴史を追って(聞き手・秋道智弥)

著者情報

鶴見 良行
1926年、アメリカ合州国カリフォルニア州ロスアンゼルス生れ。外交官の父の仕事にともない、少年時代はワシントン、ポートランド、ハルビンなどで在外生活経験を重ねる。水戸高校を経て、東京大学法学部を卒業。55年より財団法人・国際文化会館に勤務(‐86年)。かたわら、『思想の科学』誌ほかへの執筆活動も開始する。65年、「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)発足に関わり、それと前後して頻繁なアジア行を積み、研究を深める。73年、「アジア太平洋資料センター」(PARC)設立メンバーの一人として尽力、80年から81年にかけて『アジア人と日本人』『アジアを知るために』『マラッカ物語』の連続刊行を通し、独自なアプローチからのアジア探求者として、旺盛な研究活動を本格化させた。82年『バナナと日本人』、90年『ナマコの眼』などの代表作によって、世に「稀有な旅人であり自由奔放な知識人」としての「鶴見良行スタイル」を、鮮烈に刻み付けた。89年より龍谷大学経済学部教授。94年、『ココス島奇譚』執筆中、京都の自宅にて急逝

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

蜜蜂と遠雷

恩田陸(著)


九十歳。何がめでたい

佐藤愛子(著)


騎士団長殺し 第2部

村上春樹(著)


ランキング一覧へ