pagetop

本 オーマイニュースの挑戦 韓国「インターネット新聞」事始め

ほしい!に追加 twitter
本-オーマイニュースの挑戦 韓国「インターネット新聞」事始め
著者: 呉連鎬 (著)
大畑龍次 (訳)
大畑正姫 (訳)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 太田出版
発行年月 2005年 04月
ISBNコード 9784872339307
版型 --
ページ数 262P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

呉連鎬 OFF
大畑龍次 OFF
大畑正姫 OFF

内容紹介

2002年12月韓国大統領選における、盧武鉉候補の劇的な逆転勝利。
そこには、以前には見られなかった動きが存在した。
形勢不利だった進歩的な候補を支持する若者達の声が、インターネットを通じ、全国をかけめぐったのである。
この時最も大きな影響力を持ったのが、本書著者の主宰するインターネット新聞、『オーマイニュース』である。
同サイトは、その後も韓国世論を動かしていくことになる。
従来の一方的なニュースのあり方へのもどかしさから、2000年に記者4人で始まった『オーマイニュース』は、今では記者数45人、1日約100万ページビューを誇る。
政治・社会・芸術など様々な分野から生き生きした現場の声を発信し、時にリアルタイムで動画・音声中継まで行なうこのサイトは、今では韓国の「新しいマスメディア」ともされ、“市民参加型ジャーナリズム”の稀有な成功例として、現在、アメリカ含む全世界で注目されている。
本書は、『オーマイニュース』誕生から現在へ至る5年間の絶え間ざる格闘の、初の記録である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 野に火を放つ(手の中のマッチ棒/市民みんなが記者 ほか)/第2章 「標準」を覆せ(インターネットだからできること/五四歳の刑事と二八歳の記者の対決 ほか)/第3章 これはネチズン革命だ(「出て行け、ハングルも読めないのか」/『オーマイニュース』は言論じゃない? ほか)/第4章 「世界の市民みんなが記者に」(小さいことは美しい?/給料の遅配はないのか ほか)

著者情報

呉 連鎬
1964年韓国谷城郡生まれ。1988年延世大学国文科卒業後、韓国月刊誌『マル』に記者として入社し、1999年まで取材部長として勤務。その間1995年3月から1997年10月までワシントン特派員として米国に駐在。1997年に米国リージェント大学にてジャーナリズム修士号を取得。西江大学博士課程修了。2000年2月、『オーマイニュース』を創設。2005年1月現在、67人の社員と36000人の市民記者を抱えるに至る
大畑 正姫
1952年、東京都出身。90年から95年まで韓国で語学留学し、ソウル、釜山在住。その後東京で韓国・朝鮮語通訳、翻訳業。現在東京在住
大畑 龍次
1952年、北海道出身。90年に韓国に渡り、新聞、雑誌などに韓国レポートを寄稿。01年に帰国、日本語教師のかたわら朝鮮半島に関する論文、レポートなど発表している。現在東京在住

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ