pagetop

本 フルトヴェングラー 悪魔の楽匠 下巻

ほしい!に追加 twitter
本-フルトヴェングラー 悪魔の楽匠 下巻
著者: サムH.白川 (著)
藤岡啓介 (訳)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 アルファベータブックス
シリーズ名 叢書・20世紀の芸術と文学
発行年月 2004年 11月
ISBNコード 9784871985321
版型 --
ページ数 402,5,14P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

サムH.白川 OFF
藤岡啓介 OFF

内容紹介

フルトヴェングラーの名声には没後五十年となるいまもなお、暗い影がさす。
彼が、ナチ政権下のドイツに留まるという、宿命的、悲劇的決断をしたためだ。
一九三三年のナチスによる政権奪取後、数千人のインテリや芸術家は亡命した。
しかし、フルトヴェングラーは終戦直前までドイツに留まった。
この、決意ゆえに、彼は「ナチスの宣伝マン」「ヒトラーのお気に入り指揮者」「悪魔の楽匠」という、永遠に続く糾弾と非難の的となった。
しかし、彼がナチに追従したどころか、公然とヒトラーやヒムラーに叛旗をひるがえし、生命の危険もかえりみず闘ったことを、本書は文献資料を駆使して克明に描き出す。
下巻では、敗戦直前のドイツからの脱出劇、非ナチ化審理の過程、そして復帰後の活動を描く。
さらに、遺された膨大なレコードから、『トリスタンとイゾルデ』や『指環』、ベートーヴェンの第九をはじめとする、伝説的名盤の数々を論評する。
フルトヴェングラーには音楽や政治的存在の他にも種々の側面があった。
読者は、この端倪すべからざる人物が問題の多い作曲家であり、多弁なエッセイストであり、日記を丹念に書き続ける人であり、誠実な友人だが逆らえば強敵となる男であり、しかも救いようのない漁色家であることを知るであろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

おぞましい任務―その二/悪魔の誕生日/公判に至るまでの長い日々/審判の日/試練は続く/秋の輝きと苦難と/『トリスタン』の録音/スタジオ録音/ライブ録音(戦時中の録音/『指環』およびその他の作曲家の作品)/エロイカ/コーダ―第九は偉大だ

著者情報

サム H.白川
アイダホ州の捕虜・敵性外国人収容所で生まれ、フィラデルフィア州で育つ。フレンズセレクトスクールで学ぶ。テンプル大学で英文学修士号を取得。フルブライト・ヘイズ奨学金を受けロンドン大学に学び、英語学および英文学博士号を取得。芸術一般についての著作多数。テレビドキュメンタリー番組で、(全米テレビ芸術・科学アカデミーの)エミー賞候補としてノミネートされること三回。ニューヨーク在住。できるだけ多くの時間をドイツで過ごすことにしている
藤岡 啓介
1934年東京都武蔵野市生まれ。早稲田大学露文科中退

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ