pagetop

本 絶望読書 苦悩の時期、私を救った本

ほしい!に追加 twitter
本-絶望読書 苦悩の時期、私を救った本
著者: 頭木弘樹 (著)
定価 ¥1,500(税込)
BOOKFANポイント: 13 pt
or
Tポイント: 13 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
飛鳥新社
発行年月
2016年 05月
ISBNコード
9784864104876
版型
--
ページ数
261P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

頭木弘樹 OFF

内容紹介

悲しいときには、悲しい曲を。
絶望したときには、絶望読書を。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 絶望の「時」をどう過ごすか?(なぜ絶望の本が必要なのか?―生きることは、たえずわき道にそれていくことだから/絶望したときには、まず絶望の本がいい―悲しいときには悲しい曲を/すぐに立ち直ろうとするのはよくない―絶望の高原を歩く/絶望は人を孤独にする―それを救ってくれるのは?/絶望したときに本なんか読んでいられるのか?―極限状態での本の価値/ネガティブも必要で、それは文学の中にある―非日常への備えとしての物語)/第2部 さまざまな絶望に、それぞれの物語を!(太宰治といっしょに「待つ」―人生に何かが起きるのを待っているという絶望に 超短編小説/カフカといっしょに「倒れたままでいる」―すぐには立ち上がれない「絶望の期間」に 日記や手紙/ドストエフスキーといっしょに「地下室にこもる」―苦悩が頭の中をぐるぐる回って、どうにもならない絶望に 長編小説/金子みすずといっしょに「さびしいとき」を過ごす―自分は悲しいのに他人は笑っている孤独な絶望に 詩/桂米朝といっしょに「地獄」をめぐる―自分のダメさに絶望したときに 落語/ばしゃ馬さんとビッグマウスといっしょに「夢をあきらめる」―夢をあきらめなければならないという絶望に 映画/マッカラーズといっしょに「愛すれど心さびしく」―自分の話を人に聞いてもらえない絶望に 映画/向田邦子といっしょに「家族熱」―家族のいる絶望、家族のいない絶望に テレビドラマ/山田太一といっしょに「生きるかなしみ」と向き合う―正体のわからない絶望にとらわれたときに テレビドラマ/番外・絶望しているときに読んではいけない本 短編小説)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ