pagetop

本 柳田国男の民俗学構想

ほしい!に追加 twitter
本-柳田国男の民俗学構想
著者: 室井康成 (著)
定価 ¥5,616(税込)
BOOKFANポイント: 260 pt
or
Tポイント: 156 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 森話社
発行年月 2010年 03月
ISBNコード 9784864050074
版型 --
ページ数 295P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

室井康成 OFF

内容紹介

柳田国男にとっての「民俗」とは、古き良き日本の原風景といった郷愁に満ちたものだったのだろうか。
柳田以降に醸成された「民俗学」をめぐる神話から脱し、「公民」「よき選挙民」の育成を企図した柳田民俗学の実像にせまる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 本書の性格と狙い/第1章 『遠野物語』は聖典なのか―その“神話”化をめぐる言説空間/第2章 『遠野物語』執筆における柳田国男の“動機”―その農政論との関わりをめぐって/第3章 同情と内省の同時代史へ―柳田国男の政治をめぐる「民俗」への視点/第4章 柳田国男と選挙粛正運動―「政治教育」としての民俗学の構想と破綻/第5章 柳田国男と教育基本法―「公民」観の位相と戦後民俗学構想をめぐって/第6章 「個人」を育む民俗学―山口麻太郎における「政治教育」の実践とその意義をめぐって/第7章 不公正なる「民俗」―きだみのるにおける柳田民俗学の実践と挑戦/終章 結論―民俗学は、政治である。

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ