pagetop

本 ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版

ほしい!に追加 twitter
本-ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版
著者: J.K.ローリング (著)
ジョン・ティファニー (著)
ジャック・ソーン (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
静山社
発行年月
2016年 11月
ISBNコード
9784863893467
版型
127×188mm
ページ数
414P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

J.K.ローリング OFF
ジョン・ティファニー OFF
ジャック・ソーン OFF

内容紹介

8番目の物語。
19年後。
『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。
今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。
ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない“ハリー一家の伝説”という重圧と戦わなければなりません。
過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2016/12/03

小説で読みたかった。

この作品、わかってはいたのだが、小説ではなく、シナリオである。というのも、もともとは、イギリスで上演された舞台作品だったからである。そのため、特に最初の方は、場面が目まぐるしく変わり、時間の経過も早いので、あまり面白いとは思えなかった。しかし、シナリオという形態に慣れ始め、話の展開も落ち着いてくると、どんどん作品に惹き込まれていった。

この作品は、前作から19年後の話である。ハリーは37歳になり、3人の子どもの父親となっていて、魔法省の、魔法執行部部長としても、忙しい日々を送っている。
今回の作品は、ハリーと、彼の次男であるアルバスとの確執が、話の中心となる。アルバスは、ハリー・ポッターの子どもであるということに対し重圧を感じ、父親に対して反発していたのである。


そんなアルバスが、ハーマイオニーとロンの娘であるローズとともに、ホグワーツに入学する時を迎える。そして、彼らの両親が出会うことになったホグワーツ特急の車内で、アルバスが友だちになったのは、なんと、マルフォイの息子であるスコーピウスだった。実は彼には、本当は、ヴォルデモートの息子なのではないかという噂がつきまとっていたのである。


さらに、アルバスが恐れていた通り、彼は、スリザリンに組分けされてしまったのだ。
アルバスとハリーの亀裂は、ハリーの不用意な言葉が原因で、決定的なものとなってしまう。
そして、ハリーとある人物との会話を立ち聞きしてしまったアルバスは、スコーピウスとともに、ある計画を実行に移す。ところがその結果、過去と現実が、不吉に絡み合うことになり、予期せぬ事態が発生してしまったのである。そして、それを修復しようとした結果、最悪の事態となってしまったのだ・・・


自分の存在というものに苦しめられてきたハリーだったが、父親となった今、今度は、自分の子どもが苦しむことになるとともに、彼に対し、どういう態度をとればいいのか、ハリーは苦悩するのだった。というのも、彼が赤ん坊の時に両親を殺されたハリーには、「父親」という見本がなかったということが、大きな原因となっているようだ。


しかし、雨降って地固まるではないが、アルバスたちの無謀な行動が、父と息子の関係を、完全にとはいかないようだが、かなり修復することにつながったのである。


今回の作品で、一番驚いたのは、マルフォイが、すっかりいい人になっていたことである。悪役のイメージが強かったマルフォイだが、彼は彼なりの苦悩を抱えていたことが明らかになる。
ちなみに、ハーマイオニーは、魔法省の魔法大臣になっていて、ロンは、悪戯専門店の店長になっている。そして、ホグワーツの校長は、マクゴナガル先生になっている。


途中からはワクワクして読むことができたが、やはり、今までの作品が、かなりの長編だったため、それと比べてしまうと、どうしても、作品が浅い感じがしてしまう。やはり、小説で読みたかったというのが本音である。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ