pagetop

本 日本の国際認識 地域研究250年 認識・論争・成果年譜

ほしい!に追加 twitter
本-日本の国際認識 地域研究250年 認識・論争・成果年譜
著者: 浦野起央 (著)
定価 ¥8,640(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 80 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
三和書籍
発行年月
2018年 06月
ISBNコード
9784862513151
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
468P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浦野起央 OFF

内容紹介

対外認識と国民形成は国民国家の基本である。
近代日本は海外知識の摂取による国際認識の確立をもって国際秩序の理解とそれへの参加が可能となり、日本は国民形成と対外関係の樹立へと突入し、そして国民国家の政策が追求され維持されてきた。
この視点において、日本はどのように海外知識を摂取していったか、そこにおいて開国と対外関係のかかわりがどのように始まり、国際法がどのように受容されてきたか、そこにおける日本の認識と理解はどういうものであったか、また漢字文化圏にあった日本はどういう形で欧米文明を導入し理解し近代普遍的文明化世界の一員となったか、そこにおける国民主義はどのような理解と主張にあり、そこで近代国民国家の姿を辿ったかが論じられる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 近代日本の海外知識の摂取と国際認識の確立(福澤諭吉と山縣有朋の対外認識及び所見/西川如見『華夷通商考』の世界認識/林子平『三国通覧圖説』と桂川甫周『北槎聞略』の北方認識/吉田松陰の世界認識/支那思想の検討と日本的理解の確立 ほか)/第2部 地域研究250年(文明の接触と地域の確認/探検と外国知識の吸収/対外進出と地域研究/対外政策の遂行と地域研究の使命/世界の中の国家と地域研究 ほか)/第3部 認識・論争・成果年譜

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!

ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【重要】サービス終了のお知らせ
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ