pagetop

本 彦坂尚嘉のエクリチュール 日本現代美術家の思考

ほしい!に追加 twitter
本-彦坂尚嘉のエクリチュール 日本現代美術家の思考
著者: 彦坂尚嘉 (著)
定価 ¥6,912(税込)
BOOKFANポイント: 320 pt
or
Tポイント: 192 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三和書籍
発行年月 2008年 06月
ISBNコード 9784862510402
版型 --
ページ数 599P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

彦坂尚嘉 OFF

目次

1 幻想(美術小説・媚びと土星/幻想絵画論/皇居美術館を空想する―「平和憲法」から「芸術憲法」へ/悪魔主義美術批評の誕生―椹木野衣批判)/2 歴史批評(閉じられた円環の彼方は―“具体”の軌跡から何を…/戦後美術批評の確立/柄谷行人批判/一九九〇年代日本美術史試論―蔡國強と〈さわらぎ自虐派〉の時代/奇人・西田半峰の敗北―画家から画商へ/室内社物語)/3 音楽・写真・書道・映画(最小限音楽―時間論の視点から/写真の歴史と東洋遠近画法―F・Rの二つの写真と荒木経惟、やなぎみわ、石内都、ガードナーをめぐって/比田井南谷と透視画面―新しい気体分子時代のアートに向けて/映像帝国主義と武装せる観光映画―大島渚が『夏の妹』で実践した〈旅〉の背理について/帝国主義リアリズムへの遊撃―美術家共闘会議以降の方法)/4 作家論と制作(失われた日本・失われた妹―森万里子、中村一美、辰野登恵子、川久保玲、草間彌生、村上隆、会田誠、村上華岳をめぐるM・T論/アート・スカトロジー論―H・Fの牛肉作品『波動1』をめぐって/S.Sへの手紙/制作における自作鑑賞性/椹木/野衣への反論―「グローバル・コンセプチュアリズム」展に出品して)/付 資料

著者情報

彦坂 尚嘉
1946年東京都生まれ。現代美術家、美術史評論家。日本建築学会会員、日本ラカン協会会員。1970年多摩美術大学絵画科油彩科中退。1982~1983年文化庁芸術家在外研修員としてペンシルバニア大学グラデュエート・スクール・オブ・ファインアーツに派遣される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ