pagetop

本 大食いたちの宴 「大食い」という競技とフードファイターたちの真実

ほしい!に追加 twitter
本-大食いたちの宴 「大食い」という競技とフードファイターたちの真実
著者: ライアン・ネルツ (著)
清宮真理 (訳)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 バジリコ
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784862380289
版型 --
ページ数 343P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ライアン・ネルツ OFF
清宮真理 OFF

内容紹介

人はなぜ大食いを競うのか!「日本人フードファイター、小林尊がホットドッグ早食いコンテストで今年も優勝(現在6連覇中)。
彼こそが大食い競争をメジャー競技に変えた。
」大食い競技者のトレーニング方法や戦略、競技の後遺症、様々なコンテストの裏話から「脂肪のベルト」理論まで、世界大食い競技連盟(IFOCE)の活動を軸に、大食い競技のすべてを明かす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

フィラデルフィアの狂乱/カーニバルの客引き修行/気は優しくて力持ち/ナキトッシュのミートパイ/デイル・ブーンの大噴火/少々長めの大食い競技小史/謝肉祭の救命作戦/エド・クラチーと“脂肪のベルト”理論/消化器官のモーセ/アイスクリームの帝王/アスパラフライをたいらげろ/大食い競技はスポーツか否か/ヌードルと「ローマ事件」/ブラックウィドウと行くウィングツアー/元祖ここにあり、七月四日のネイサンズ・フェイマス/当代最高のイーターとの昼食/バッファローのウィングに舞う/ザ・ゴッドファーザー/偉大なるグラジテーターを目指して、いざトレーニング/クリスタル・サーキットで一口バーガー食べまくり/第一三回ウィングボウル―ひとまず終幕

著者情報

ライアン・ネルツ
ニューヨーク在住のフリーのジャーナリスト。『エスクァイア』『ヴィレッジヴォイス』『タイムアウト・ニューヨーク』『YM』等の雑誌およびケーブルテレビの「ヒストリーチャンネル」に寄稿している。また現在、IFOCEの非常勤司会者として、IFOCE内のすべての書類へのアクセスを許可されている
清宮 真理
1965年東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒。外資系ブランド広報、映画配給会社勤務を経て翻訳業に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

教育・資格検定のランキング

見てる、知ってる、考えてる

中島芭旺(著)


公式TOEIC Listening & Reading問題集 1

EducationalTestingService(著)


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

EducationalTestingService(著)


ランキング一覧へ