pagetop

本 軍産複合体のアメリカ 戦争をやめられない理由

ほしい!に追加 twitter
本-軍産複合体のアメリカ 戦争をやめられない理由
著者: 宮田律 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青灯社
発行年月 2006年 12月
ISBNコード 9784862280091
版型 --
ページ数 238P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮田律 OFF

内容紹介

アメリカはなぜイラク戦争を急いで始めたのか。
「自由と民主主義」を実現するためなのか。
イラクはいまや逆に反米テロを誘発し、泥沼状態にある。
戦争の動機に、軍産複合体という軍部と軍需産業の結合体の存在が大きい、と著者は指摘する。
アメリカの政治・経済構造は、戦争によって利益を得る軍産複合体によって支えられている。
それにイスラエル・ロビーやキリスト教右派、石油の利権がからむ。
つねに敵を探しつづけるアメリカ。
イラクの次のターゲットはどこか。
これまで正面から取り上げられることの少なかった軍産複合体の闇に迫る力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 アメリカの軍産複合体とは何か/2 対テロ戦争の背後にあるもの/3 湾岸戦争と軍産複合体/4 キリスト教右派とユダヤ・ロビー/5 JINSAとイラン/6 アメリカの軍産複合体と中東

著者情報

宮田 律
現在、静岡県立大学国際関係学部助教授。1955年、山梨県甲府市生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校大学院歴史学科修士課程修了。イスラム地域研究、国際関係論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ