pagetop

本 タックスヘイブン グローバル経済を動かす闇のシステム

ほしい!に追加 twitter
本-タックスヘイブン グローバル経済を動かす闇のシステム
著者: クリスチアン・シャヴァニュー (著)
ロナン・パラン (著)
杉村昌昭 (訳)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 作品社
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784861821288
版型 --
ページ数 169P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

クリスチアン・シャヴァニュー OFF
ロナン・パラン OFF
杉村昌昭 OFF

内容紹介

グローバル経済の本当の中心は、名前も聞いたことがない、小国や島にある。
多国籍企業・銀行・テロリストによる、脱税や資金洗浄。
世界金融の半分、海外投資の三分の一が流れ込む、グローバル闇経済。
その実体とメカニズムを明らかにする、衝撃の一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 グローバル経済におけるタックスヘイブン(タックスヘイブンの「公式の定義」/タックスヘイブンとして識別するための10の指標/グローバル経済に占めるタックスヘイブンの割合/新たなる活動分野―ネット・ビジネス)/第2章 タックスヘイブンの歴史(国家の主権/資本の国際化の狭間で/「オフショア」の誕生―最低課税・架空の所在地・銀行の秘密厳守/タックスヘイブンの急速な発展―経済のグローバル化の中で)/第3章 タックスヘイブンでは、誰が何をやっているか?(「非合法」を「合法」に変えるマジックの道具たち/個人資産家―資産保護の三つの方法/多国籍企業―グローバルな税金攻略/金融機関―金融グローバル化の合法的側面と非合法的側面/国際会計事務所―タックスヘイブンの法律をもつくる世界経済のアクター/犯罪者―マフィアやテロリストの資金回路/先進工業国―情報機関・政府・中央銀行の知られざる活動/タックスヘイブン―タックスヘイブン自身の利害と戦略)/第4章 タックスヘイブンへの対抗策(公的規制の歴史―大国の三度の失敗/ヨーロッパで上がった烽火/国際銀行による自己規制―マフィア・独裁者とのスキャンダル/市民社会からの圧力)

著者情報

クリスチアン・シャヴァニュー
経済ジャーナリスト。フランスのグローバル経済を分析対象にした月刊誌「Alternatives ´Economiques」、経済誌「L’´Economie politique」などの中心的な編集者であり、イギリス・サセックス大学の国際関係論の研究員も務めている
ロナン・パラン
イギリス・サセックス大学教授。専攻、国際関係論。現在、同大学国際関係学部の学部長を務める。高い引用率を誇る『国際政治経済レヴュー』誌の創刊者であり、中心的な編集者でもある。また、イギリス国際学会(BISA)に属する「国際政治経済学会」(IPEG)の運営委員を務めている
杉村 昌昭
1945年、静岡県生まれ。名古屋大学文学部大学院(仏文科)修士課程修了。フランス文学・思想専攻。龍谷大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ