pagetop

本 ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う 新書版「死ぬ理由、生きる理由」

ほしい!に追加 twitter
本-ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う 新書版「死ぬ理由、生きる理由」
著者: 青山繁晴 (著)
定価 ¥993(税込)
BOOKFANポイント: 9 pt
or
Tポイント: 9 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ワニ・プラス
シリーズ名
ワニブックス|PLUS|新書 231
発行年月
2018年 08月
ISBNコード
9784847061332
版型
--
ページ数
--
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

青山繁晴 OFF

内容紹介

第二次世界大戦末期、アメリカ軍との激戦の末に占領され、返還後は立ち入り禁止となっている硫黄島。
この島には今も、1万1千人以上の兵士の方々のご遺骨が取り残されたままである。
2006年、正式な許可を得て、硫黄島を訪れた経験を持つ青山氏は、この事実と問題解決を様々な場で訴えてきた。
2014年5月25日から30日までの日程で実施された「にっぽん丸小笠原・硫黄島クルーズ」。
そのクルーズで青山繁晴氏の講演「海から祖国が甦る」が3回にわたって行われた。
3回にわたる魂の講演をすべて採録し、さらに航海の模様と硫黄島の姿を32ページのカラー口絵写真で紹介する。
また、新書化にあたって、新たに99ページに及ぶ書き下ろし原稿、「この書が新書として再生する朝は、こころの晴れ間です」を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 船が天から降ってきた/第2部 蒼天のデッキ/第3部 飛行機では行けない島々へ/第4部 一緒に考え始めましょう―硫黄島クルーズ連続講演 第1回/第5部 再会/第6部 わがちいさき声よ、島に届け―硫黄島クルーズ・にっぽん丸船内放送/第7部 ニッポンの変化―硫黄島クルーズ連続講演 第2回/第8部 腕のなかで少女に戻る―硫黄島クルーズ連続講演 第3回/第9部 別れではなく

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

人魚の眠る家

東野圭吾(著)


希望荘

宮部みゆき(著)


ルージュ 硝子の太陽

誉田哲也(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ