pagetop

本 演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか

ほしい!に追加 twitter
本-演劇論の変貌 今日の演劇をどうとらえるか
著者: 毛利三彌 (編)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 論創社
シリーズ名 叢書〈演劇論の現在〉
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784846006303
版型 --
ページ数 284P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

毛利三彌 OFF

内容紹介

世界を代表する演劇研究者たちが演劇の過去、現在、そして未来へと続く展望を集中的に論じた評論集の刊行。
演劇研究の最前線が集約される。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 演劇論の変貌―二十世紀から二十一世紀に向けて/1 演劇研究の新しい状況/3 センス(意味)とセンセイション(感覚)―演劇の記号論的次元とパフォーマティヴな次元の相互作用/3 文化から越境文化へ―インターカルチュラリズム(異文化接触主義)は、いまだ可能か?/4 学問分野の推移―ここ数年のパフォーマンス・スタディーズ/5 舞台を代替する―演劇とニューメディア/6 演劇研究における実践の位置付けの転換/7 テクストとミザンセーヌ―古典的構造を持つ上演形態としてのドラマ/8 演劇的イヴェントの拡大概念―ダブリンにおけるブルームズデイ百年記念のイヴェント性

著者情報

毛利 三彌
成城大学文芸学部教授(演劇学)。1996‐99年および2002‐05年国際演劇学会理事、1996‐2005年度日本演劇学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ