pagetop

本 老子・荘子の言葉100選 心がほっとするヒント

ほしい!に追加 twitter
本-老子・荘子の言葉100選 心がほっとするヒント
著者: 境野勝悟 (著)
定価 ¥575(税込)
BOOKFANポイント: 26 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三笠書房
シリーズ名 知的生きかた文庫 さ37-1 LIFE
発行年月 2008年 03月
ISBNコード 9784837976943
版型 --
ページ数 222P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

境野勝悟 OFF

内容紹介

老子は、その生涯を、おとなしく、柔和に、あたたかく、寛大な態度で静かに送った。
そして世俗の価値を飛び越えて、もっとのびのびと、自由に明るく生きようではないか、と主張する。
そして、その考えは、荘子によって受けつがれる。
荘子は、難解な老子の思想を、架空の話で面白く語る。
動物を人間にたとえたり、植物のあり方に人間学を語ったり、その話は、自由で破格で、しかも面白い。
―人生を自由に楽しく生きる知恵。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 50語でわかる「老子」(「道の道とすべきは常の道にあらず」―幸福な道は常識の中にはない/「天は長く地は久し」―天を仰ぎ地を歩く/「上善は水のごとし」―理想的な生き方を水に見つけた/「与うるは善く仁、言は善く信」―人を思いやって約束は守る/「無の用」―なんにもしないで働いている ほか)/第2章 50語でわかる「荘子」(「もの、あれに非ざるはなく、もの、これに非ざるはなし」―見方によってすべてが変わる/「天地は一指なり、万物は一馬なり」―天地のもの一切は一体である/「道は通じて、一たり」―すべての道はいつか一本となる/「水の積むこと厚からざれば、則ち、大舟を負うに力なし」―自分を十分深め広める/「五百歳をもって春となし、五百歳をもって秋となす」―大きな気持ちになると苦悩は解消する ほか)

著者情報

境野 勝悟
1932年、横浜生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。私立栄光学園で18年教鞭をとる。在職中、参禅、茶道を専修するかたわら、イギリス、フランス、ドイツなど西欧諸国の教育事情を視察、わが国の教育との比較研究を重ねる。1973年、神奈川県大磯にこころの塾「道塾」を開設。1975年、駒沢大学大学院・禅学特殊研究科博士課程修了。各地で講演会を開催。経営者、ビジネスマンから主婦層に至るまで幅広く人気がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ