pagetop

本 ニルスのふしぎな旅 下

ほしい!に追加 twitter
本-ニルスのふしぎな旅 下
著者: セルマ・ラーゲルレーヴ (著)
菱木晃子 (訳)
ベッティール・リーベック (画)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 福音館書店
シリーズ名 福音館古典童話シリーズ 40
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784834022742
版型 --
ページ数 533P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ニルスのふしぎな旅 OFF
セルマ・ラーゲルレーヴ OFF
菱木晃子 OFF
ベッティール・リーベック OFF

内容紹介

スウェーデンの空の旅をつづけていくうちに、ニルスは「ふしぎな、すばらしい」経験を数多く積んでいきます。
そして、今ではなにか困ったことが起こると、仲間から相談されるほどになっています。
「ガチョウの面倒をよくみたら、ニルスは家に帰れて…」とフクロウが話しているのを立ち聞きしたことがありますが、ニルスが人間にもどるには、さらに厳しい試練が待っていたのです。
今、新訳によって鮮やかに甦る「ふしぎな、すばらしい」冒険物語。
1931年版の原書の緻密で美しい挿絵を160枚再現。
小学校上級以上。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

セルマ・ラーゲルレーヴ
1858年、スウェーデン中部ヴェルムランド地方のモールバッカに生まれる。1885年、首都ストックホルムにある師範学校卒業後、スウェーデン南部スコーネ地方のランドスクローナで教職に就く。1891年、『ヨスタ・ベーリング物語』で作家デビュー。1895年、教職を退き、作家活動に専念する。1909年、女性初かつスウェーデン人初のノーベル文学賞を受賞。名作を数多く残し、1940年、モールバッカの自宅で死去
ベッティール・リーベック
スウェーデンの画家、イラストレーター。1887年生まれ。生涯の多くをフランスのパリで過ごす。人間や事物の本質を鋭くとらえ、的確に表現する作風に定評がある。挿絵の代表作に、ボッカチオ『デカメロン』(1918~1922)がある。1945年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
菱木 晃子
1960年、東京都に生まれる。慶應義塾大学卒業後、スウェーデンのウプサラでスウェーデン語を学ぶ。現在、スウェーデンを中心に児童書の翻訳に活躍。横浜市在住
書籍一覧 > ニルスのふしぎな旅

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: jun 投稿日:2010/03/11

昔、アニメでありましたが、本も…

昔、アニメでありましたが、本もとても面白いです!!ダメダメなニルスが小さくなって旅に出ます。一つ一つのエピソードにわくわくします。きっと一気に読んでしまうと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ