pagetop

本 スーホの白い馬 モンゴル民話

ほしい!に追加 twitter
本-スーホの白い馬 モンゴル民話
著者: 大塚勇三 (著)
赤羽末吉 (画)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
福音館書店
シリーズ名
日本傑作絵本シリーズ
発行年月
1967年 10月
ISBNコード
9784834001129
版型
--
ページ数
1冊
平均評価
(5)
: 4件
: 3件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
4件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大塚勇三 OFF
赤羽末吉 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: たまちゃん 投稿日:2012/04/02

「悲しみがえぐったその跡にこそ、喜びは満ちるのです」

ニックネーム: こうき 投稿日:2011/01/17

教科書に載っている話なんだそう…

教科書に載っている話なんだそうです。
馬頭琴がどうして出来たのか、というお話。
スーホが白い仔馬を拾い、大事に育てます。
ある日、王さまが競馬大会を開き、優勝者には娘を嫁にやるという報せが。
村人は、スーホに大会に出るよう薦めます・・・。
とても切ないけれど、心打たれる絵本です。

ニックネーム: hi2515 投稿日:2010/08/29

とても素敵なお話です。モンゴル…

とても素敵なお話です。モンゴルに伝わる馬頭琴と言う日本の弦からなる弦楽器の所以とも言えるのかな?このお話を読むと馬頭琴の音色の物悲しさが納得ゆく気がする。私個人的に言うと絵が少し残念でした。

ニックネーム: Aoki 投稿日:2010/04/05

ちょっと大人目線で見方を変えれ…

ちょっと大人目線で見方を変えれば、人間の持ち合わせている良さと悪さ、陽と陰が見事に描き出されているように思う。権力の下になされる行為。それでいいのか?って語りかけてくる。
権力が互いの絆や命を引き裂いたとしても、ずっと生き続ける互いの側で。愛ってそういう事なのだと思う。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ