pagetop

本 グローバリゼーションと体制移行の経済学

ほしい!に追加 twitter
本-グローバリゼーションと体制移行の経済学
著者: 池本修一 (編著)
定価 ¥3,132(税込)
BOOKFANポイント: 29 pt
or
Tポイント: 29 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
文真堂
発行年月
2008年 04月
ISBNコード
9784830946059
版型
--
ページ数
268P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

池本修一 OFF

内容紹介

ベルリンの壁崩壊から20世紀末挟んで世界を揺るがした旧社会主義諸国の体制移行プロセスを、現代世界経済の趨勢を規定するグローバリゼーションという文脈に立って、ロシア・中東欧経済の専門家が政治経済学的・実証的に分析した。
国際的な政治経済体制と移行諸国の関係、およびFDIの流入や多国籍企業が果たしてきた役割に焦点を当てる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

グローバリゼーションと体制移行の経済学:問題意識と分析視角/第1部 国際政治経済システムと移行経済諸国―総論(グローバリゼーションと「権力関係」:移行諸国をみる視座/WTO体制と移行経済諸国/中欧3か国のEU加盟と金融・通貨統合プロセス:制度の受容面からの検討/移行諸国への外国直接投資と国家の役割/移行経済諸国における金融セクターの展開とグローバリゼーション:新規EU加盟国への金融部門FDIを中心に/国際炭素市場とロシア移行経済)/第2部 市場経済化・外国資本・経済開放―国別研究(チェコにおける企業改革と対外直接投資:日系企業を中心に/ハンガリーにおける外国直接投資と企業再建/ポーランドの外国直接投資誘致政策:経済特区を中心に/ロシアの市場経済化とエネルギー貿易/中央アジア諸国の市場経済化と外資導入政策の現状/「持てる国」カザフスタンの事例/キルギス共和国の体制転換:グローバリゼーション下の小国生き残り策)

著者情報

池本 修一
日本大学経済学部教授。1996年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学。早稲田大学修士(経済学)
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ